2010.3.22pickup01

6年前のタイムカプセル発見!

中筋幼稚園最後の卒園児童ら掘り出す

水が浸入し一部破損していたが…

両親からの手紙読む姿も

タイムカプセル

掘り出したタイムカプセルを確認した

 平成15年度の中筋幼稚園の卒園児とその保護者らが21日、大島町の中筋幼児園の園庭で卒園時に埋めたタイプカプセルを掘り出した。

 中筋幼稚園は15年度で閉園になったため、卒園児の保護者らが小学校の卒業時に掘り返そうと、タイムカプセルを埋めた。

 この日は、卒園児39人のうち30人とその保護者、それに当時の担任の教諭らが午前中から、現在は中筋幼児園の園庭となっているタイムカプセルを埋めた場所に集合。午後1時頃にタイムカプセルを取り出した。

 参加者たちはそれぞれ、自分の名前が書かれたナイロン袋を取り出して封を開けたが、中には水が袋の中に浸入し、手紙の文字などが判別できないものもあった。

 卒園児の一人、小林渉君=延町=は「工作で作った王冠を入れたのは覚えていたが、それ以外は覚えていなかった。写真も入っていたが、見られなくなっていたのが残念」と話していた。

 一方、中身がきれいに残っていたものもあり、6年前の両親から今の子どもに宛(あ)てた手紙を目を細めて読む児童の姿も見られた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。