2011.02.16pickup01

「綾部の味」を広めよう!

市の料理講習会に27人参加

綾部の味

料理講習会の会場では、「ふたばグループ」が手打ちそばも作った(青野町で)

 青野町の市保健福祉センター料理室で12日、料理講習会が開かれた。この講習会は、2年前に綾部食育推進ネットワークが発行した冊子「伝えていきたい綾部の味」に掲載されている料理の普及を目的に市が開催したもの。講習会には4歳の女児を含め27人が参加した。

 今年度4回目となる今回の講習会を担当したのは、物部町須波伎地区の生活改善グループ「ふたばグループ」(人見志信代表)。

 メニューは、冊子に載っている「黒豆と野菜入りおこわ」と「ハクサイの白和(しろあ)え」のほか、「サツマイモのユズ煮」と「野菜巻きトンカツ」の2品が加えられた。参加者は5班に分かれ、手際良く調理していた。

 また、会場では同グループのメンバーたちが、地元産のそば粉を使ったそば打ちを実演した。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。