2020.04.03pickup01

市二王公園 大型迷路整備
3セクの緑土 ファミリーら新たな客層を
バランススクーターも10台
地元篤志家からの寄付で
忍者屋敷のような「からくり」導入
オープンは秋ごろめざす

あやべ温泉などを運営する第3セクター会社「緑土」(永井晃社長)は、睦寄町の市二王公園内に大型迷路の整備とバランススクーター(電動立ち乗り二輪車)の導入を計画している。現在、温泉やグラウンドゴルフを中心にシニア層が多く利用しているが、遊具の設置によってファミリーら新たな客層の獲得を狙う。
大型迷路が整備される予定の市二王公園(睦寄町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。