2020.03.25pickup01

紫水ケ丘公園の桜をライトアップ
自粛ムード払拭のシンボルに
「3条件」配慮し花見宴会も

新型コロナウイルス感染症対策に伴う自粛ムードの払拭(ふっしょく)を目的とした綾部商工会議所青年部(綾部YEG、平野孝会長)と綾部青年会議所(綾部JC、大槻浩一理事長)主催の「♯縁助意(エンジョイ)あやべ」プロジェクト(市、綾部商工会議所、あやべ市民新聞社後援)。この一環として24日から、味方町の紫水ケ丘公園で夜桜ライトアップがスタート。初日には点灯式に続いて仕出し弁当による宴会を催して、自粛ムードの払拭を市民にアピールした。
自粛ムード払拭のシンボルとして6色にライトアップされた紫水ケ丘公園の桜(写真は味方町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。