2019.12.04pickup01

綾部高校本校2年生

修学旅行で台湾へ出発

学年単位での海外は中丹の公立で初

台北市と近郊に3泊4日

現地の高校生、大学生と交流も

グローバルな視点で自ら行動する力を

岡町の綾部高校(岸田敏明校長)・四尾山キャンパス(本校)の2年生211人が4日朝、修学旅行で台湾に向けて出発した。グローバル教育の一環として台北市とその近郊を巡るもので、7日までの3泊4日の中で地元の高校生や大学生と交流する機会も組み入れ、生徒たちの国際感覚を磨く。中丹3市の公立高校のうち、海外への修学旅行を学年単位で行うのは綾部高校本校が初めて。  
職員に見送られる中、学校を出発するバス(4日午前7時40分ごろ、岡町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。