2019.11.22pickup01

半世紀以上の歴史に幕

グンゼ工場の煙突の解体開始

青野町のグンゼ本社内の工場に1950年代から立つ煙突の解体工事が始まった。この煙突は、これまで使用していたボイラーの入れ替えにより不要になったもので、12月10日ごろまでに解体作業を終え、半世紀以上にわたる歴史に幕を下ろす。
足場が組まれ解体を待つばかりの煙突(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。