2019.09.18pickup01

大嘗祭に供える米収穫

五穀豊穣、社会の安寧祈願

府神社庁綾部支部が抜穂祭

大島町内の田が「奉祝田」の一つに

新天皇即位に伴い11月に行われる祭祀「大嘗祭(だいじょうさい)」の際、「主基殿(すきでん)」と呼ばれる神殿に供える米を収穫する「奉祝田(ほうしゅくでん)」の一つに選ばれた大島町内の田で14日、府神社庁綾部支部(大島基支部長)による「抜穂祭(ぬきほさい)」が執り行われ、黄金色に実った初穂を収穫する神事を通して、五穀豊穣や社会の安寧が祈願された。
抜穂の儀で奉祝田から初穂を収穫する大島支部長ら(大島町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。