2018.07.30pickup01

「水無月まつり」初の中止

来場者の安全確保など重視

台風12号の影響で

花火協賛金は活用検討へ 実行委

前日夕に決断、順延なし

 

※詳細は紙面で



2018.07.30pickup02

災害から古里守って

熊野新宮神社 水無月大祭

熊野新宮神社 水無月大祭

神事の前には60人余りの参列者の前で綾部太鼓が奉納された(並松町で)

※詳細は紙面で



あやべ水無月まつり中止

台風12号の接近に伴い、28日に予定されていた「あやべ水無月まつり」はすべてのイベントが中止となりました



2018.07.27pickup01

「市自治会対抗ソフト」中止に

第2市民グラウンド使えず運営困難

過去の中止は2回のみ

市議選、防災訓練も考慮

今後も続けたい 木下芳信会長

夏の市民スポーツ大会として40年余りの歴史があり、最盛期には73チームが参加するなど人気も高い「市自治会等(区・事業所)対抗ソフトボール大会」。そんな恒例行事が今年は中止になる。理由の一つは、ソフトボール場が4つ設けられる第2市民グラウンド(青野町)が、昨秋の台風被害で使えないため。他のグラウンドに会場を分散すると、各会場に配置する審判員や役員、補助員などのスタッフが足りず運営が困難という。今のところ第2グラウンドが整備される計画はないため、来年以降の開催もどうなるか分からない状況だ。 

ソフトボール場が4つ設けられる第2市民グラウンドは現在、使用できない状態(青野町で)

※詳細は紙面で。



2018.07.27pickup02

懐かしい遊びでにぎわう

初の「スクエアDE縁日」

「スクエアDE縁日」と銘打った催しが21と22の両日、青野町のあやべグンゼスクエア(グンゼ博物苑、あやべ特産館)で開催された。市民にもっと施設を身近に感じてもらえるように―と初めて企画したもので、会場は家族連れらでにぎわった。

スマートボールなどを楽しむ子どもたち(青野町で)

※詳細は紙面で。



2018.07.25pickup01

西日本豪雨農業被害大

前向くしかない

農夢ではミズナ全滅 被害額1400万円

府議会の農商工労働常任委員会が視察

綾部にも大きな爪痕を残した西日本豪雨だが、そのうちの一つに農業被害がある。市災害対策本部が24日午前11時現在でまとめた農業関係の被害は、法面崩壊などの農地が307件、農道やため池、農業用水路といった農業用施設は381件、冠水などによる農作物被害も67件に上った。24日には府議会の農商工労働常任委員会に所属する12人の府議が、舘町で施設野菜を栽培する第3セクター会社「農夢」(四方勝一社長)を訪れ、被害の状況を確認した。

雑草だらけになってしまったミズナのハウスを説明する四方社長(左)=舘町で

※詳細は紙面で。



2018.07.25pickup02

アジアマスターズ3種目で入賞

あやべ健康プラザ・水泳コーチ 西田実紗季さん

青野町のあやべ健康プラザで水泳コーチを務める西田実紗季さん(24)が、11~16日に名古屋市内で開かれた第1回アジアマスターズ水泳選手権大会(兼ジャパンマスターズ2018)に出場し、18~24歳区分の出場3種目で入賞した。

アジアマスターズ3種目で入賞した西田さん(青野町で)

※詳細は紙面で。



2018.07.23pickup01

8.26市議選

市選管説明会に19陣営

現職11、新顔7と候補者未定1

明るく正しい選挙を 十倉委員長

市選管説明会に19陣営

現職と新顔陣営が出席した説明会(市役所で)

※詳細は紙面で。



2018.07.23pickup02

28日にあやべ水無月まつり

仕掛け花火は「ガンバレあやべ」

西日本豪雨の鎮魂と復興への願い込め

28日にあやべ水無月まつり

昨年の花火(並松町から写す)

※詳細は紙面で。



2018.07.20pickup01

「海の京都」あやべ〈第11回〉

「綾部むすび」 PR作戦始動

綾部観光地域づくり推進委

綾部では「海の京都DMO」の活動の一環として、行政と民間が一体となって実践的に観光地域づくりを進める組織「綾部観光地域づくり推進委員会」を設け、綾部の米を使ったおにぎり「綾部むすび」を広く認知してもらうためのPR活動に取り組んでいる。(記事の一部)

※詳細は紙面で。



次のページ »