2018.03.19pickup01

受け入れに もう組織不要

コ宝ネット 2期10年で終止符

志賀郷ぐるみの定住促進へ新スタート

ホームページに実績凝縮

2期目で永井奨励賞も

23日に解散式

コ宝ネット 2期10年で終止符

コ宝ネットは長年の活動が評価され、平成25年度の市永井奨励賞も受賞した(平成26年2月、市役所で)

※詳細は紙面で



2018.03.19pickup02

昔ながらの醤油で活性化

篠田町の「今しぼり」

製造工場が本格稼働
関係者ら招き見学会

4月にはワークショップも

篠田町の「今しぼり」

仕込み作業を見学する出席者ら(篠田町で)

※詳細は紙面で



2018.03.16pickup01

〝伝統の合唱〟先輩から後輩へ

豊里中

卒業記念合唱会

豊里中の卒業記念合唱会

最後は全校生徒がステージに立って合唱で締めくくった(豊里町で)

※詳細は紙面で。



2018.03.16pickup02

由良川にサケよ帰れ!

由良川サケ環境保全実行委員会

親子ら稚魚3万匹を放流

サケの放流

「帰って来いよ」と声をかけながらサケ稚魚を放す親子連れら(青野町で)

※詳細は紙面で。



2018.03.14pickup01

大島町の本泉庵跡の山林を

桜100本で憩いの場に

植樹ボランティア募集

本泉庵講中

初日の作業は17日

大島町の甲ケ岳ふもとの「仏徳平」と呼ばれる山林で今月、桜の植樹が行われる。計画しているのは、一昨年夏までこの場所にあった教会所を護持してきた本泉庵講中(大志万光生代表、9戸)。講員の減少や高齢化で護持をやむなく断念して一式を了圓寺(西町2丁目)に寄進、山林一帯を更地に戻したことから「跡地を市民の憩いの場として活用したい」と植樹を行う。講員だけでは人手不足のため、植樹を手伝ってもらえるボランティアを広く募っている。

試しに植樹して鹿よけを施した桜と大志万代表(大島町で)

※詳細は紙面で。



2018.03.14pickup02

親子で楽しく遊びながら英語を学ぶ

市教委

子育て親育ち講座

親子のふれあいや絆を深める機会を作ろうと市教育委員会は10日、青野町の市保健福祉センターで「子育て親育ち講座」を開催し、10歳未満の幼児、小学生とその保護者らが参加して英語を使った遊びやゲームを楽しんだ。

英語でゲームや遊びを楽しむ参加者ら(青野町で)

※詳細は紙面で。

 



2018.03.12pickup01

「開かれた議会」どう目指す

安藤議長、山崎市長インタビュー

20回目迎えた日曜議会 課題と展望を聴く

「より身近な議会へ工夫重ねる」安藤議長

「良い意味の緊張感」山崎市長

安藤議長、山崎市長インタビュー

日曜議会の課題と展望について語る山崎市長と安藤議長(市役所市長応接室で)

※詳細は紙面で。



2018.03.12pickup02

午前、午後で51人傍聴

日曜議会で代表質問

日曜議会で代表質問

議長席、市理事者側から見た本会議場の議員席や傍聴席

※詳細は紙面で。



2018.03.09pickup01

震災いつまでも忘れない

あやべ健康プラザ・水夢

宮城県の被災企業を支援

ミネラルウオーター販売

6年で累計5640本に

東日本大震災の被災地支援を地道に続けている企業がある。青野町であやべ健康プラザを運営する第3セクター会社「水夢」だ。宮城県大崎市の企業が製造するミネラルウオーターを仕入れて販売しているもので、6年前から支援を始めた同社の小室幹雄会長は「この活動は今後も続けていく。

支援活動を続ける水夢の小室会長とミネラルウォーターを手にするスタッフ(青野町で)

※詳細は紙面で。



2018.03.09pickup02

寺山山頂 平和のメロディ

「登校、帰宅など時報役割も」

「不快に思う人の意見重い」

見直し視野に検討開始

公平性にも問題

市が毎日朝夕に上野町の藤山(寺山)山頂から流している「平和のメロディ」の在り方を考える各種団体代表者らの検討会議(座長=山﨑清吾副市長、10人)が立ち上がった。5日に市役所まちづくりセンターで第1回会議があり、構成メンバーらが意見を交換。14日の第2回会議で楽曲の見直しや流す時間帯などについて一定の結論を出す予定にしている。

平和のメロディについて意見を出し合う検討会議のメンバーら(市役所まちづくりセンターで)

※詳細は紙面で。



« 前のページ次のページ »