2017.07.31pickup01

市の高齢者実態調査(上)

在宅生活に必要なサービスは?

通院などに欠かせぬ「移送」

市が65歳以上の高齢者対象に調査

 

※詳細は紙面で。



2017.07.31pickup02

綾部中演劇部が「夏の公演」

「友だち思う気持ち」
観客に問いかける

オリジナル群像劇「灯篭流し」

綾部中演劇部が「夏の公演」

劇が終わり観客にあいさつする部員たち(里町で)

※詳細は紙面で。



2017.07.28pickup01

市農業委員ら36人決まる

選出方法が公選制から任命制に変更

〝地域農家の相談役〟ますます重要に

女性や農業分野以外からも登用

法改正で「農地利用最適化推進委員」新設

会長は上八田町三和喜治さん

荒廃農地の解消に努めたい 三和会長

全国の市町村に設置されている農業委員会は、〝地域農家の相談役〟として様々な活動をしている。昨春の法改正で委員の選出方法などが変更された。市の農業委員会も20日、新しく決まった第23期の農業委員ら36人がそろい、新しい態勢がスタートした。担い手不足や獣害被害、耕作放棄地の増加といった課題が山積する今、同委員会の役割はますます重要になっている。

山崎善也市長から任命通知書を受ける農業委員(市役所第1委員会室で)

※詳細は紙面で。



2017.07.28pickup02

若松町の山内利隆さん(90)

ヒマワリの写真で

外出難しい妻に夏の風景を

位田橋近くにある畑の一角に群生しているヒマワリが、3㍍以上の高さにまで成長している。ここで野菜などを栽培している山内利隆さん(90)=若松町=は、外出するのが難しくなった妻・と志子さん(86)のためにヒマワリを写真に納め、自宅にいながらにして夏の風景を楽しんでもらっている。

大きく成長したヒマワリを見上げる山内さん(位田町で)

※詳細は紙面で。

 



2017.07.26pickup01

「上林分団」来春誕生

市消防団 中上林と奥上林分団が統合

市長へ検討結果を報告

1足す1を2以上に 森田分団長

今よりよくなると期待  仲井分団長

団員減少を理由にしたものとしては、府内でもおそらく初となる市消防団(白波瀬博之団長)の中上林分団(森田晋分団長、54人)と奥上林分団(仲井良彰分団長、26人=機能別消防団員除く)の統合に向けて市消防団は25日、市役所を訪れて山崎善也市長に再編についての検討結果報告をするとともに4項目について要望をした。来年4月1日から、両分団は「上林分団」として再出発することになる。

山崎市長に検討結果報告書を手渡す(左から)白波瀬団長、森田分団長、仲井分団長ら=市役所で

※詳細は紙面で。



2017.07.26pickup02

早朝から多くの参拝者

高倉神社で「土用の丑祭」

病気平癒などを祈願

「土用の丑(うし)の日」の25日、高倉町の高倉神社(四方幸則宮司)で恒例の「天一さんの土用の丑祭」があり、市内外から多くの参拝者が訪れた。

厳かに執り行われた本殿祭(高倉町で)

※詳細は紙面で。



綾高野球部 京都大会 準決勝 速報

綾   部 000000010 = 1

京都成章 01011101X = 5



2017.07.24pickup01

第99回全国高校野球選手権京都大会

綾高 42年ぶり4強入り

塔南との投手戦制す

24日午後に京都成章と準決戦

綾高 42年ぶり4強

綾部の歴史的な一戦に声援を送る1塁側スタンドの応援団(京都市内で)

 

※詳細は紙面で。



2017.07.24pickup02

極彩色ショーに酔う

あやべ水無月まつり

あやべ水無月まつり

極彩色の花火が夜空を焦がすと歓声があがった(並松町側から写す)

 

※詳細は紙面で。



2017.07.21pickup01

綾部西国観音霊場会

マスコットキャラクター決定

全国公募の42点から選出

バリエーション増やしネットでPRも

認知度アップを狙って積極的な広報活動を模索している「綾部西国観音霊場会」(会長=中嶋暁道・高源寺住職)はこのほど、デザインを一般公募していたマスコットキャラクターを決定した。綾部市の鳥であるイカルに、同じく綾部市の花である梅があしらわれ、イカルが歩いて巡拝しているような動きがつけられている。同会では「様々な場面で活用していきたい」と、霊場会PRのより積極的な推進に役立てたい考えだ。

綾部西国観音霊場会のマスコットキャラクター

※詳細は紙面で。



次のページ »