2017.06.30pickup01

市会記者席

6月市会一般質問から(4)

水道料金の抑制も?

大口使用者向け制度導入で

上水道事業をめぐり、市が新たに「個別需給給水契約制度」の導入による収益増を目指していることを受け、荒木敏文議員はその見通しについて質問。市は概算で年間約2千万円の収益増を見込み、平成32年度に想定されていた料金改定の先延ばしや改定幅抑制などにつながる可能性があることを明らかにした。  

10月の供用開始に向けて工事が進む新第一浄水場(野田町で)

※詳細は紙面で。



2017.06.30pickup02

ピカチュウ やって来た

豊里幼児園 音楽ユニットと交流も

栗町の豊里幼児園(久木和子園長、125人)へ27日、ポケモンの人気キャラクターのピカチュウが来園し、園児たちとふれあった。

ピカチュウや大田さん(ピカチュウの後方)と一緒に記念写真に納まる園児たち=栗町で

※詳細は紙面で。



2017.06.28pickup01

国が地域ブランドとして保護へ

「万願寺甘とう」が地理的保護制度登録

府内で初

京のブランド産品である「万願寺甘とう」がこのほど、国が地域ブランドとして保護して生産者の利益増進や消費者の利益保護を図るための「地理的表示保護制度(GI)」に府内で初めて登録された。野菜としては近畿圏でも初となる。  

農産物直売所「彩菜館」綾部店で売られている「万願寺甘とう」(宮代町で)

※詳細は紙面で。



2017.06.28pickup02

ネットで募金調達開始

カード決済も対応可に

二王門プロジェクト実行委

古材使った「お礼品」を追加

国宝光明寺二王門プロジェクト実行委員会(会長=川端勇夫・市自治会連合会会長)は28日午前10時から、二王門修復に対する募金でクラウドファンディング(インターネットを使った資金調達法)の利用を開始した。これまで使えなかったクレジットカードを使った募金にも対応する。

国宝二王門を長年守ってきた屋根材(クリ材)を使った記念盾(写真奥、8㌢×13㌢)とマグネット(手前右はクラウドファンディング専用、5㌢×5㌢)

※詳細は紙面で。

 

 



2017.06.26pickup01

楞厳寺で明治末に盗難の旧国宝

複製で105年ぶり戻る

重文 絹本著色不動明王像

27日まで無料で一般公開

重文 絹本著色不動明王像

レプリカの完成を喜ぶ為広住職(舘町で)

※詳細は紙面で。



2017.06.26pickup02

〝ぬるっ〟に歓声

志賀小児童 田植え体験

志賀小児童 田植え体験

汗ばむ陽気の中で田植えに励む児童ら(志賀郷町で)

※詳細は紙面で。



2017.06.23pickup01

ファミ・サポ・センター導入へ

子育て「おねがい」と「まかせて」結ぶ

せんだん苑南こども園隣に

7月1日から会員を募集

9月から運営開始目指す

保育時間外や放課後に子ども預かる

提供会員の不足が課題

講習実施、保険の加入も

子育てを「応援してほしい人(=おねがい会員)」と「応援したい人(=まかせて会員)」を結ぶ会員組織「ファミリー・サポート・センター(ファミ・サポ・センター)」が全国で普及する中、綾部市でも今年度から事業が始まる。市の委託を受けた社会福祉法人せんだん苑こども園(吉住一道理事長)は、昨年度まで放課後学級「ありんこくらぶ」に使用していた上野町のせんだん苑南こども園隣の建物を、センターの拠点として活用。7月1日から会員募集を開始し、9月からの運営開始を目指している。

ファミリー・サポート・センターの拠点となる旧「ありんこくらぶ」の建物(上野町で)

※詳細は紙面で。



2017.06.23pickup02

吉美地区まちづくり協 設立

ルールや計画〝オール吉美〟で

会長に四方健治連長

知恵集め尽力したい 四方連長

吉美地区住民らで構成する「吉美地区まちづくり協議会」の代表委員会が21日夜、多田町の市農業振興センターで開かれ、市まちづくり条例に基づく市内で初めての「まちづくり協議会」が設立した。会長には四方健治・吉美地区自治会連合会長が就任。近日中に市の認定も受けられる見通しで、今後は吉美地区のまちづくりのルールや計画が定められるようになる。  

各種団体代表らが集まった代表委員会(多田町で)

※詳細は紙面で。



2017.06.21pickup01

山家駅再生の弾みになれば

トワイライトエクスプレス瑞風が停車

住民や園児ら大歓迎

無人駅21分間のイベント

綾東こども園児も目輝かせて

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行が17日から開始された。この日正午過ぎには京都方面から運行の瑞風が山家駅に到着し、21分間停車。地元住民や園児ら多くの人たちが旗を振るなどして歓迎し、普段は静かな雰囲気の無人駅が活気に包まれた。    

車掌に手作りのしおりをプレゼントする園児たち(JR山家駅で)

※詳細は紙面で。



2017.06.21pickup02

綾部で50回目の研究大会

府スポーツ推進委員協

府内の各市町村で活動するスポーツ推進委員ら約300人が参加した研究大会(府教委、府スポーツ推進委員協議会主催)が18日、上杉町の市総合運動公園で行われた。同大会は毎年、各市町村が持ち回りで開催され、綾部市が会場になるのは18年ぶり。今年は50回目の記念大会となった。

オープニングでは、カワイダンスエージェンシーの子どもたちがチアダンスを披露した(上杉町で)

※詳細は紙面で。



次のページ »