2017.03.22pickup01

四尾山テーマに市民講座

綾部JC

市民100人が理解深める

四尾山登山道プロジェクト

25日午前には登山道開通式

綾部青年会議所(綾部JC、浅巻礼理事長)が主催する「綾部の森と四尾山を知る市民講座」(綾部青年会議所主催)が19日、西町1丁目のI・Tビル2階多目的ホールで開かれ、約100人の市民が3人の講師による講演で知識を深めた。 

講師3人(右奥)が登壇した市民講座=西町1丁目で

※詳細は紙面で。



2017.03.22pickup02

親子ミュージカル

じごくのそうべえ

50人の親子ら練習成果発表

綾部、福知山、舞鶴などに住む親子ら50人が出演する「おやこで手作りミュージカル『じごくのそうべえ』~中丹へぶらり寄りみち」(実行委と府中丹文化事業団主催)が20日、里町の府中丹文化会館で上演された。

挿話の「綾部のかさじぞう」で綾部踊りを踊る出演者ら(里町で)

※詳細は紙面で。



2017.03.20pickup01

地域と連携し支援を

「綾小応援団」が活動開始

役員ら 山崎市長を訪問

 校舎改修などを要望

優先順位決め整備したい 市長

綾小応援団

山崎市長(左端)らに綾部小の課題対策を要望した綾小応援団の役員ら=市役所まちづくりセンターで

※詳細は紙面で。



2017.03.20pickup02

東神宮寺自治会が今年から

地域挙げた資源回収開始

「東神方式」として広めたい

地域挙げた資源回収開始

集めた資源ごみを仕分けする参加者ら(神宮寺町で)

※詳細は紙面で。

 



2017.03.17pickup01

マンガ図書館オープン

あやべ温泉が入浴客向けに

利用無料で貸し出しもOK

温泉利用者は無料で漫画の閲覧をどうぞ―。睦寄町であやべ温泉を運営する第3セクター会社「緑土」(永井晃社長)は15日、温泉施設内の更衣室前廊下に「あやべ温泉マンガ図書館」をオープンした。現在、約5千冊がズラリと並んでいるが、永井社長(57)は「将来は1万冊まで増やしたい」としている。

温泉更衣室前の廊下にズラリと並んだ漫画本(睦寄町で)

※詳細は紙面で。



2017.03.17pickup02

「地域メディア」研究で

目白大学准教授が来綾

市民新聞、FMなど調査

目白大学(東京都新宿区)の社会学部メディア表現学科で「地域メディア論」を研究する牛山佳菜代准教授が16日、あやべ市民新聞社(大島町、高崎忍社長)とエフエムあやべ(西町1丁目、井関悟社長)を訪問。両社でインタビュー調査などを行った。

桂三扇さん(右)の番組に生出演する(左から)牛山准教授、高崎社長、井関社長=西町1丁目で

※詳細は紙面で。



2017.03.15pickup01

取材の現場から

「帰って来られる町」へ

Uターン促進へ戦略を

「半サラ半X」など議論百出

府など 経験者から意見聞く

長男のUターン率 非常に高い石原町

今後の課題は独身者の増加

移住者を地方に呼び込む仕組みが構築されつつあるIターンに比べ、Uターンの促進戦略はまだまだ不十分で、その状況把握すら困難とされている。「帰ってこいと言える町」にするとともに、「帰って来やすい町」にするためにはどうすればよいのか。このほど市内で開かれたUターン戦略会議で出た意見と、市内のある自治会の取り組みから考えてみたい。

府内各地からUターン経験のある様々な分野で活躍する人を集めて開かれたUターン戦略会議(青野町で)

※詳細は紙面で。



2017.03.15pickup02

春の陽気に誘われて

テレビ放映で京阪神からも

和木町梅まつり大にぎわい

ポカポカ陽気に恵まれた第20回「和木町梅まつり」(同町農林業振興組合主催)は和木町の松原梅林で12日に催され、多くの人出でにぎわった。

梅の花が見ごろを迎える中、多くの人出でにぎわう会場内(和木町で)

※詳細は紙面で。



2017.03.13pickup01

マージャンで健康長寿を

あやべ健康マージャンの会

清山荘で4月から新教室

現在は物部と西坂で開設

 合言葉は   「賭けない」
「飲まない」「吸わない」

マージャンで健康長寿を

清山荘で始まる教室への参加を呼びかける役員ら(物部町で)

※詳細は紙面で。



2017.03.13pickup02

元部員も加わり大迫力で

綾部高校吹奏楽部 50回記念定期演奏会

綾部高校吹奏楽部

綾部高校校歌を演奏する現役部員とOB・OGら(里町で)

※詳細は紙面で。

 



次のページ »