2016.04.18pickup01

「茶園」で「茶縁」結びませんか!

日本茶インストラクターの実行委

5月15日

茶どころ小西町で初の婚活イベント

小西町で婚活イベント

会場となる茶園に立つ四方さん(小西町で)

※詳細は紙面で。



2016.04.18pickup02

熊本へ消防職員を派遣

市が緊急消防援助隊の隊員として

16日に1次隊、18日に2次隊

6カ所に義援金箱

熊本へ消防職員

2次隊出発式で決意表明する大野さん(18日午前7時15分すぎ、味方町で)

※詳細は紙面で。



2016.04.15pickup01

「交通マナー広め隊」で

綾部中生徒が啓発活動

綾部署が15人を委嘱

交通マナー広め隊

雨の中、傘をさして下校する生徒に声を掛ける生徒会役員たち(宮代町で)

※詳細は紙面で。



2016.04.15pickup02

第22回和展

片岡愛之助特別賞

四方ハツ子さん 受賞

「秘境祖谷のかずら橋」

和紙ちぎり絵で表現

「力強く素晴らしい」と評価

東京で展示

和紙ちぎり絵

「片岡愛之助特別賞」の作品の原画を手にする四方さん

※詳細は紙面で。



2016.04.13pickup01

村人の生活ありありと

綾部史談会

新庄町の俳額を調査

山王神社・長楽寺の4枚

幕末~明治期の俳句

全部で278句

四方一美さんが調査結果を資料に

新庄町の山王神社と長楽寺に保管されている江戸末期と明治年間の計4枚の俳額(俳句が記された板)について綾部史談会(川端二三三郎〈ふささぶろう〉会長)が調査した。すると、俳句の作者の9割が新庄村の住民であることが分かり、地元では古くから俳句が盛んだったことが窺(うかが)えるという。更に川端会長は俳句の内容から「村人の生活の様子が分かる貴重な資料」とも話している。  

山王神社舞堂に保管されている古い俳額(新庄町で)

※詳細は紙面で。



2016.04.13pickup02

「蚕の神」に感謝

熊野新宮神社で蚕神祭

綾部が「蚕都」の名をほしいままにした時代を偲(しの)ばせる「蚕神祭(さんじんさい)」という名称の祭礼が10日、並松町の熊野新宮神社で行われた。神事には、かつて綾部にあった府蚕業試験場綾部支場(府蚕業センター)の歴代所長を始め府蚕糸同友会(片山郁夫会長)の役員らが参列し、「蚕の神」に感謝の誠をささげた。

府蚕糸同友会の役員9人が参列して営まれた祭礼(並松町で)

※詳細は紙面で。



2016.04.11pickup01

初代部長が物心で支援

綾高吹奏楽部

伴仲博司さん(80)=高津町

節目の定演に向け100万円

綾高吹奏楽部

伴仲さん(右端)から目録を受ける(左から)齊藤部長、福井校長、田中顧問=岡町で

※詳細は紙面で。



2016.04.11pickup02

桜花舞う城址公園にぎわう

第40回「山家さくら祭り」

さくら祭り

餅を取ろうと両手を広げる来場者ら(広瀬町で)

※詳細は紙面で。



2016.04.08pickup01

上林小中一貫校 8日竣工

4カ年と12億8千万円かけ

校門前に階段とスロープ

テニスコートやプールも

八津合町の上林小中一貫校(小畑学校長、45人)で進められていた最終段階の工事(平成27年度事業)が完了

体育館と校舎棟との間に新設されたテニスコート。右奥の建物は倉庫棟(6日撮影、八津合町で)

※詳細は紙面で。



2016.04.08pickup02

楽しく絵を描き 人生を豊かに!

絵本の世界の絵画教室

イシワタ・マリさん(32)

10日に説明会

里町の市中央公民館で月2回、一般的な絵画教室とは少し違った絵の教室が開かれている。主宰者は横浜市出身で慶応義塾大文学部卒の美術家、イシワタ・マリさん(32)=福知山市一ノ宮。絵本を中心に据え、画材や描き方などは全て自由。型にはめずに楽しく絵を描いてもらって人生を豊かにすることを目指している。

互いの絵を見てイシワタさん(左から3人目)を交えて感想を述べ合う生徒たち=里町で

※詳細は紙面で。



« 前のページ次のページ »