2015.02.27pickup01

長さ14.654㍍のバームクーヘン

ギネス世界記録が確定

綾部福祉会に認定証届く

綾部福祉会1

ギネス社から届いた認定証を手に喜ぶあやべ作業所の仲間たち(物部町で)

※詳細は紙面で。



2015.02.25pickup01

全国のYEG会員にPR

綾部商工会議所青年部が半日かけて

綾部の文化や歴史、産業など

全国大会京都大会の一環で

市武道館で合気道を体験する全国の青年部会員ら(青野町で)

市武道館で合気道を体験する全国の青年部会員ら(青野町で)

※詳細は紙面で。



2015.02.25pickup02

青野町出身 特別市民の中嶌秀樹さん

綾部の米×豊橋の水=綾豊

「ふるさと産品」使い

2市つなぐ日本酒製造

「おいしい」と友人らに好評

 綾部の米と愛知県豊橋市の水を使った日本酒「綾豊(あやとよ)」で綾部をPRしています―。青野町出身で市の「あやべ特別市民」でもある豊橋市在住の中嶌秀樹さん(59)=写真=がこのほど、特別市民に送られる「ふるさと産品」の綾部産米(コシヒカリ)を使い、同市の老舗の醸造所でオリジナルの日本酒をつくった。友人らに振る舞ったところ「おいしい」と好評だ。

綾部の米と愛知県豊橋市の水を使った日本酒「綾豊(あやとよ)」で綾部をPRしています―。青野町出身で市の「あやべ特別市民」でもある豊橋市在住の中嶌秀樹さん(59)=写真=がこのほど、特別市民に送られる「ふるさと産品」の綾部産米(コシヒカリ)を使い、同市の老舗の醸造所でオリジナルの日本酒をつくった。友人らに振る舞ったところ「おいしい」と好評だ。

※詳細は紙面で。



2015.02.23pickup01

DVDを観るのが楽しみ

「志賀郷村歌」を収録

志賀小児童が練習重ね合唱

志賀郷村歌

録音マイクの前で「志賀郷村歌」を合唱する5、6年生たち(志賀郷町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2015.02.03pickup02

「何北中生は優しい」

何北中2年生が外国人留学生招き英語で交流

河北中に留学生講師

ザオプトラさん(左端)とグインさん(右端)を招き、英語に親しむ2年生たち=物部町で

※詳細は紙面で。

 

 



2015.02.20pickup01

60年親しまれた聖堂に幕

新宮町の カトリック綾部教会

3教会の統合計画で

5月に福知山に新たな教会

信者ら集い「感謝ミサ」で祈り

カトリック綾部教会

三輪神父(左手前)から薄いパンを受け取る信者たち=新宮町で

※詳細は紙面で。

 

 



2015.02.20pickup02

共通点は「小中一貫」

京都市内の「7年生」招いて

上林小、中学校が交流学習

上林小・中学校が交流学習

新校舎案内でランチルームを見て回る両校の生徒ら(八津合町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2015.02.18pickup01

平日でも参拝者続々

綾部厄除大祭にぎわう

「綾部の厄神さん」として親しまれる上野町の若宮神社(四方義規宮司)内の厄除神社で17、18の両日、綾部厄除大祭が盛大に営まれ、多くの参拝者が災厄から免れて幸せな一年が過ごせるようにと、祈りをささげた。

時折晴れ間も見えた宵宮は日中から多くの参拝者でにぎわった(上野町で)

※詳細は紙面で。



2015.02.18pickup02

志賀郷で2つのワークショップ

絵画と陶芸、参加者募る

京都造形芸術大の院生2人が企画

21日 風景の続きを描く

22日と3月1日 地元の土で器作り

京都造形芸術大学(京都市左京区)の大学院生2人が、志賀郷町で美術と陶芸のワークショップを企画している。会場は3年前に学生手作り市「春待ちココカラ市」が開かれた旧ふとん縫製工場。この手作り市に作家として出展して以来、志賀郷の魅力に引かれて継続的にかかわりを持ち続けてきた2人は「ワークショップを通して、なぜ志賀郷が魅力的なのかを考えたい」と話す。

ワークショップを企画した山崎さん(左)と吉田さん=志賀郷町で

※詳細は紙面で。



2015.02.16pickup01

伝統のみそ作り最盛期に

綾高東分校の農芸化学科

綾高農芸化学科

大豆、塩、米麹を混ぜ合わせる生徒ら。奥では樽詰め作業なども(川糸町)

※詳細は紙面で。

 



次のページ »