2014.10.08pickup01

「里山ラジオ」スタート

里山ねっと 幸喜山荘にスタジオ開設

FMいかるの協力を受けて

NPO法人「里山ねっと・あやべ」が鍛治屋町の市里山交流研修センターの幸喜山荘に新たに作ったラジオスタジオがオープン。6日には山崎善也市長を迎え、FMいかるの新番組「こちら里山ラジオ763」として初の公開生放送を行った。

多くの市民たちも見守る中で行われた第1回の公開生放送(鍛治屋町で)

※詳細は紙面で。



2014.10.08pickup02

地域みんなで健康長寿

中上林地域振興協議会

初の「城山健康長寿の里まつり」

「田舎食グルメ大会」も

みんなが元気で、いきいきと暮らせるように健康長寿を推進しよう―。中上林地域振興協議会(岸本章三会長)は5日、八津合町の市観光センターで、「城山健康長寿の里まつり」を初開催した。

昼食時に大にぎわいの「田舎食グルメ大会」(八津合町で)

※詳細は紙面で。



2014.10.06pickup01

ギネス達成! 14・65㍍

長~いバームクーヘン

あやべ作業所 20周年記念事業

延べ280人が協力して

安心・安全な施設拡充を

式典で大槻理事長が抱負

バームクーヘン

はけを使って軸に生地を塗り付ける参加者ら(写真はいずれも青野町で)
で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.10.06pickup02

綾高の学校公開に510人

学力に「+α」の魅力も説明

綾高学校公開

福井校長のあいさつでは、美術部が制作した丹波竜の絵(右奥)の紹介もあった=岡町で

※詳細は紙面で。

 

 



2014.10.03pickup01

恐竜好き 集まれ!

北近畿みらいが参加呼びかけ

11日に「丹波竜を知ろう会」

府総合教育センター北部研修所で

18日には大本で講座

恐竜好きな人、集まれ! NPO法人・北近畿みらい(四方八洲男理事長)は11日、川糸町の府総合教育センター北部研修所で「丹波竜を知ろう会」=写真はチラシ=を催す。第一発見者の村上茂さんから話を聞いたり、丹波竜の実物大の絵を描くことから、小中学生を含め多くの市民の来場を呼びかけている。

※詳細は紙面で。



2014.10.03pickup02

発電実験やインタビューも

綾部中と何北中の生徒ら職場体験

市内の6中学校ではキャリア教育の一環として主に2年生(上林中は2、3年生)が1学期と2学期に「職場体験学習」に励んでいる。今年度は363人の生徒たちが延べ113カ所の事業所や福祉施設などを訪問して、働く人たちの苦労や喜びを肌で感じている。学校によっては市外にも訪問先を設定するなど、意欲的な教育活動になっている。

水力発電の実験にチャレンジする男子生徒たち(睦寄町で)

※詳細は紙面で。

 



2014.10.01pickup01

あやべ協立診療所

老朽化で全面改築

再開設は来年4月予定

介護の複合型サービス展開も

駅前通のあやべ協立診療所を運営する公益社団法人・京都保健会は、老朽化が激しくなっていた同診療所のリニューアル工事を進めており、鉄筋コンクリート造6階建ての建物は現在、工事用の鉄骨で囲われている。リニューアル後は1階に「医科診療所」を設けるだけでなく、フロアを区切って地域住民らが利用できる「コミュニティースペース」(約50平方㍍)を新設する。3階では市内の医療機関で初めて介護保険事業の「複合型サービス」を展開する予定。 

工事用の鉄骨で囲われ、リニューアル工事が進められているあやべ協立診療所(駅前通で)

※詳細は紙面で。

 



2014.10.01pickup02

若い世代で地域文化の継承を

初の「中丹の文化を考えるフォーラム」

ネットワークづくりも大切

中丹文化協会連絡協議会や府中丹文化事業団などでつくる中丹地域文化力委員会が主催する初めての「中丹の文化を考えるフォーラム」が9月27日、里町の市中央公民館で約100人が参加して開かれた。

パネルディスカッションでコーディネーターの井口氏と活発な議論を交わすパネラーたち(里町で)

※詳細は紙面で。



« 前のページ