2014.03.19pickup01

雇用改善に行政の後押しを

中丹の行政、民間代表が意見交換

「中丹地域雇用創出活力会議」が17日に綾部総合庁舎で開かれ、現状報告や意見を述べ合った。

中丹の雇用情勢について意見交換をする関係者ら(川糸町で)

※詳細は紙面で



2014.03.19pickup02

マスコミ就職希望の立命大生

綾部で取材を実践

壁新聞で成果を発表

将来マスコミ関係の就職を希望する立命館大学の学生らが、綾部に滞在し、里山地域を歩いて取材活動するフィールドワークに励んだ。

壁新聞制作に向けて、意見を述べ合うなどする学生たち(鍛治屋町で)

※詳細は紙面で



2014.03.17pickup01

卒業記念にイチゴ狩り

吉美小6年生が森本ファームで

いちご狩り

森本ファームに招待され、イチゴ狩りを楽しむ児童ら(多田町で)

※詳細は紙面で。



2014.03.17pickup02

大学生との交流通じ将来の進路を考える

「まるっとーくin綾部」で綾高1年生70人

綾高1年生と大学生が交流

大学生らとゲーム形式の自己紹介をするなどして交流した綾高生たち(岡町で)

※詳細は紙面で。



2014.03.14pickup01

市会記者席

3月市会一般質問から(2)

神栄跡地に社会体育施設

完成後、市民センターは解体

市が市民センターと市武道館の機能を統合させた新しい社会体育施設の整備を計画。安藤和明議員が質問。

新しい社会体育施設の整備に伴い、解体が予定されている市民センター(並松町で)

※詳細は紙面で



2014.03.14pickup02

広い視野持ち、行動を!

市内6中学校で卒業式 綾部中は210人

14日、市内の6中学校で卒業式が行われた。338人が卒業。

保護者らが見守る中、第1体育館に入場する卒業生たち(14日午前9時半頃、宮代町で)

※詳細は紙面で



2014.03.12pickup01

3支店で大震災パネル展

北都信金 西町、綾部中央、中筋の順に

写真は中山茂樹さん(上野町)撮影

京都北都信金の3支店で大震災のパネル展を開く。16日までは西町支店、綾部中央支店では17日から24日まで、中筋支店で25日から31日まで。

京都北都信金西町支店のギャラリーに展示されている大震災被災地の写真(西町2丁目で)

※詳細は紙面で



2014.03.12pickup02

大正琴の音色 響く

琴城流「琴麗会」 第3回演奏会

本社後援

琴城流大正琴の第3回発表会が9日、府中丹文化会館で開かれた。

オープニングで「大正琴一代」を合奏する一級指導員と指導師範ら(里町で)

※詳細は紙面で



2014.03.10pickup01

最後の修了演奏会

綾部児童合唱団

36年余の歴史に幕

団員数の減少に伴って

綾部児童合唱団「

保護者と一緒にステージ発表をする団員たち(宮代町で)

綾部児童合唱団の第36回修了演奏会が8日、宮代町の市宮代コミュニティセンターで開かれた。昭和52年に発足してから、同合唱団では多くの小学生たちが合唱を楽しんできたが、団員数が年々減少。今年度は5人で、このうち小学6年生4人が卒団し、1年生1人だけになるため、今回が最後の演奏会となった。

今回の演奏会で5人の団員たちは山口光代さんの指揮、大谷晞深子さんのピアノ伴奏で「ゆかいな牧場」と「ウンパッパ」の2曲に続き、合唱組曲「おかあさんのばか」などを歌った。

また、今月21日に里町の府中丹文化会館で披露されるオリジナルミュージカル「11匹のネコ・中丹へ大冒険」に出演する親子54人の中には、同合唱団の団員5人と保護者も加わっている。

そこで、修了演奏会のプログラムに例年、組まれている保護者たちの発表は今回、親子で練習している「11匹のネコ」が取り入れられ、親子一緒にダンスも交えながら、ステージ発表した。

演奏会後、同合唱団の指導に当たっている山口さんは、団員数が少ないことからOBらの協力を得て、昨年のジュニア文化祭や市民合唱祭などに出演したことを振り返りながら、「少ない人数だったが、みんな頑張ってくれ、歌が好きになったことが本当にうれしい」とあいさつした。

最後に「旅立ちの日に」を団員と保護者、来場者ら全員で歌い、締めくくった。

 

 



2014.03.10pickup02

傍聴者は延べ85人

日曜議会 今年で16回目

日曜議会

「日曜議会」を傍聴する市民ら(9日午前9時半過ぎ、市役所委員会室で)

今年で16回目となる「日曜議会」が、9日に開かれた。3日に開会した3月定例会は、市役所本庁舎の耐震改修工事に伴って議場が使えないため、委員会室に議長席も特設し、本会議が行われている。議会事務局によると、この日は延べ85人の市民らが傍聴した。

日曜議会は、仕事などの関係で平日の本会議を傍聴できない市民らが傍聴しやすいように、新年度の当初予算案などが審議される3月市会の一般質問初日に行われている。

今年の本会議の会場となった委員会室には傍聴者用のいすが並べられたほか、市役所まちづくりセンター会議室にはモニター傍聴席、本庁舎1階会議室にはモニターに加え、手話や要約筆記も行われた。

今回の日曜議会では、午前中に久木康弘議員(新政会)と相根一雄議員(民政会)の2人、午後は波多野文義議員(創政会)と搗頭久美子議員(共産党)の2人がそれぞれ会派を代表して質問に立った。

各議員は山崎善也市長に対し、2期目の市政運営などについて質問。また、山崎市長は原発問題について質問した搗頭議員に対し、反問権を行使した。

 



« 前のページ次のページ »