2013.08.30pickup01

新たな子育て支援策を

市が事業計画の策定へ

11月にニーズ調査を実施

委員14人に委嘱状交付

市子ども・子育て会議

会合では山崎市長(右)が「市子ども・子育て会議委員」の委嘱状を交付した(市役所まちづくりセンターで)

 昨年8月に公布された「子ども・子育て支援法」に基づき市は今年度から、「子ども・子育て支援事業計画」の策定に取り組む。29日には市役所まちづくりセンターで1回目の会合があり、市の諮問機関となる「市子ども・子育て会議」の委員を務める人たち14人に対し、山崎善也市長が委嘱状を交付した。

 同事業計画は、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進する施策。国の基本方針に即して市町村ごとに策定するもので、計画期間は5年。

 市では今年度、同事業計画の策定に向けて、子育て世代の人たちへのニーズ調査を行う。具体的に小学4年生までの子どもを持つ家庭を対象に、11月中に保育園や小学校などを通じて市の調査票を配布し、回収する方法を考えている。

 調査項目は「保護者の就労状況について」「地域の子育て支援事業の利用状況について」など。市は来年度末に同事業計画を策定させ、平成27年度から31年度までの5年間、実施する方針。

 1回目の会合では、同会議委員の中から会長に村上治男さんと職務代理者に由良茂文さんを選任。議事では「子ども・子育て支援新制度」やニーズ調査の方法についての説明、意見交換などが行われた。



2013.08.30pickup02

蚕を育ててみませんか

綾部ベンチャー・ものづくりの会

飼育セットを頒布

蚕の飼育セット

 蚕を育ててみませんか? NPO法人綾部ベンチャー・ものづくりの会(若山行正会長)は、「わくわくお蚕さん飼育セット」の購入希望者を9月5日まで受け付けている。

 かつて綾部は「蚕都」と呼ばれ、養蚕が盛んだった。同会の「桑と繭ワーキンググループ」(ふなめの会)は、養蚕を通じて培われてきた文化を継承する活動に取り組んでいる。その活動の一つとして年2回、飼育セットを頒布している。

 セット内容は蚕の幼虫=写真=50頭と飼育容器、ネット、まぶし、飼育指導資料で、頒布価格は3500円。蚕の幼虫(50頭、2200円)だけでも可。引き渡しは9月8日、並松町の市民センター内の同会事務所で。



2013.08.28pickup01

市立病院の「がんサロン」

公開講座で闘病体験談も

市立病院で「がんサロン」の公開講座が開かれ、がん患者やその家族など20人が参加した。

「がん患者さんの辛さ」と題して話をする畑医師(青野町で)

 青野町の市立病院(鴻巣寛院長)で26日、「がんサロン」の公開講座が開かれ、がん患者と家族や福祉関係者など約20人が参加し、がん患者の体験談に耳を傾けるなどした。

 昨夏、「府がん診療推進病院」に指定された市立病院では、医師や看護師、栄養士、薬剤師、社会福祉士といった職員らで「市立病院がんサロンワーキンググループ」を組織。今年2月から隔月でがんサロンを開いている。

 がんサロンは、がんで悩み苦しむ患者や家族の人たちに、少しでも病気のことを理解してもらうための勉強会。同じ境遇にある患者同士が交流して、前向きな気持ちになってもらいたいという思いもある。

 6月までの3回は、患者と家族を対象にがんサロンを開いてきたが、今回は一般の人たちにも関心を持ってもらえるように、初めて公開した。

 今回のサロンで大阪府豊中市に住むがん患者の男性(68)は、自身の闘病生活の体験を語った。この男性は3年前、口内炎が治らないことから病院で診察を受けると、口腔底がんと喉頭がんが同時に見つかった。

 闘病生活を送る中、胃がんと肺がん、大腸がんにも侵されていることが判明。男性は入院中、病室で他のがん患者らが暗い話をすると自分の気持ちも滅入る悪い環境を変えようと、明るく前向きな気持ちで人と接することにしたという。

 「私なんか5つもがんが出来たけど、この通り生きてる」。がんで悩む患者に対し、笑顔で励ました。

 このあと、市立病院精神科の畑譲医師が「がん患者さんの辛さ」と題して話をした。

 がん患者の精神状態について「うつになったり、不安を抱える人が多い」という畑医師は、患者を支える人たちに対してどのように手を差し伸べれば良いかについてアドバイスをした。

 市立病院では次回のがんサロンを10月28日午後2時から開く予定(非公開)。問い合わせは、同病院のがん相談支援センター(電話43・0123代表)の大槻さんへ。



2013.08.28pickup02

地震発生時は、まず「自助」!

上延町自治会 子ども対象に初の防災教室

市消防本部職員を講師に招き

上延町公会堂で初めて地蔵盆の中で防災教室が開かれた。

子どもたちを対象に開かれた防災教室(上延町で)

 地震が起きた時、どうする? 上延町の公会堂で25日、防災教室が開かれ、地元の小学生らがビデオなどを見ながら、災害時の対応を学んだ。

 同町自治会(出原繁会長)は、独自の防災訓練を毎年実施するなど、自主防災活動に力を入れている。その一環として子どもたちの防災意識も高めようと、多くの子どもの参加がある地蔵盆の中で防災教室を初めて行うことにした。

 この日は、小学生約80人と、保護者や自治会役員ら約20人が参加。講師として市消防本部予防課の上原博一課長ら職員2人が訪れた。

 教室では、花火の安全な遊び方に関するビデオを続いて、地震に関する啓発ビデオが上映された。家の中にいる時に地震が起きた場合、急いで外に出ると瓦などの落下物があって危ないことや、家の中でも倒れてきた家具の下敷きになる危険性もあることなどが紹介され、まず自分のことは自分で守る「自助」の大切さが強調された。

 休憩後、子どもたちはスクリーンに映し出される画像を見ながら、クイズに挑戦。「家でテレビを見ていて、緊急地震速報が流れたらどうする」「外で遊んでいて、雷が鳴ったらどうする」「天ぷら油に火が移ったらどうする」といった非常時に行う正しい行為について、2択で答えた。



2013.08.26pickup01

綾部の被害者に見舞金と瓶玉

花火大会事故 気仙沼大島から本紙へ

気仙沼大島からお見舞い

気仙沼大島観光協会から本紙に届いた瓶玉と見舞金

 福知山の花火大会で露店爆発事故の被害に遭われた6人の綾部市民の皆様に届けて下さい―と23日、宮城県の気仙沼大島観光協会(白幡昇一会長)からあやべ市民新聞社に被害者の一日も早い快復を願って漁具「漁師の瓶玉」と見舞金2万円が送られてきた。

 白幡会長によると、20日付の新聞で福知山の花火大会の被害者の中に、同観光協会の「みちびき地蔵」再建事業で大変世話になった綾部市民がいることを初めて知り、「気仙沼と遠い距離にあるが、心情的にはごく身近で大切な関係であり、非常に心を痛めています」とお見舞いの品などを贈ることにした。

 「漁師の瓶玉」は、昔から気仙沼大島の漁民たちが使っていた本物の浮き玉のうち、東日本大震災で流されずにわずかに残ったものを元漁師が編み上げた貴重品。

 本社では、この「漁師の瓶玉」6個と見舞金を6等分して被害者に手渡す予定だが、市内の被害者の住所と氏名は個人情報扱いになっており、把握できない。そのため来月25日までの1カ月間、本社で預かっている間に被害者の関係者などから連絡があれば届けるが、そうでない場合は同観光協会の了解を得て福知山の両丹日日新聞が呼びかけているお見舞い募金に届ける予定。

 



2013.08.26pickup02

観光やな 組み立て完了

山家観光やな漁保存会

9月1日からオープン

8日には鮎まつりやコンサートも

山家観光やな漁

小雨が降る中、やなの仕掛けを組み立てる関係者ら(24日、下原町で)

 あやべ山家観光やな漁保存会(林重雄会長)は24日、今年も9月1日から1カ月間開催する「やな漁」に向けて」、下原町の由良川で「やな」の組み立て設置作業を行った。

 やな漁は、川にすのこ状の「やな」を仕掛ける伝統漁法。同保存会はこれを観光資源として復活させ、今年で22年目になる。

 この日は、心配された雨も小降りで済み、保存会会員と袖山重機興業、有明オートの関係者ら13人が午前6時に集合。重機を使って金属製の杭を左右8本ずつ打ち込み、そこに鉄パイプをすのこ状に並べて、大掛かりな仕掛けを組み立てた。

 恒例の「鮎(あゆ)まつり&ふれあいコンサート」は、9月8日午前11時から下原町の由良川左岸で開催。太鼓演奏や歌謡ショー、カラオケ大会、演歌歌手・岡田ひさし(神戸)によるふれあいコンサート、魚つかみ大会などを予定している。

 林会長は「今年は雨が少なくて鮎の育ち具合が心配されたが、多くの量を用意できそう。楽しい企画も用意しているので、たくさんの方にお越し頂きたい」と多くの来場を呼びかけている。



2013.08.23pickup01

マンデビラ 西町を彩る

芦田政博さん栽培

最盛期は9月下旬

0823大輪の花マンデビラ

 西町アイタウン1番街の道路沿いなどで白や赤、ピンクの大輪の花が咲き始めている=写真。この花は中南米原産のマンデビラ。これから開花が本格的に進み、9月下旬に最盛期を迎えそうだ。

 西町アイタウンの通りを始め、西町アイタウン駐車場などで現在、55鉢のマンデビラを栽培しているのは、西町1丁目の「はとや文具店」社長の芦田政博さん(67)。

 初夏から秋まで開花時期が長いマンデビラの栽培を芦田さんが始めたのは10年ほど前。土作りや病気対策、越冬対策などを試行錯誤しながら年々、鉢数を増やしてきた。

  マンデビラは寒さに弱いため、昨秋の開花時期が終わったあと、鉢植えの株を室内に置き、年越し。今年は3月から鉢を屋外に出し、徐々に日光に慣れさせた。4月末には芽が伸び、5月に入ると花芽が出来始めた。

 今年、芦田さんは新たに購入した花苗を含め、60鉢を栽培。芦田さんにとって毎朝、一鉢一鉢、マンデビラを見て回って〝健康チェック〟することが日課となっている。

 「春先は全体的に順調だった」マンデビラの中には、病気になるものも。また、赤い花の色付きが悪くなっていることに関し、「猛暑の影響で、日焼けしたのかもしれない」と話す芦田さん。最盛期には700個を超える開花を見込んでいる。



2013.08.23pickup02

トチの実拾いのボランティア募集

9月7日から古屋で

トチの実拾いボランティア

 「水源の里・古屋」の特産品の原料になるトチの実=写真=の採集に、手を貸して下さい―。睦寄町の古屋集落の支援活動をしているグループ「古屋でがんばろう会」(秋山道男代表)は、9月7日から行うトチの実拾いと運び出し作業を手伝ってもらえるボランティアを募集している。

 作業日は9月7日と8日、12日、14日、16日、19日、23日の計7日間。毎回、午前10時に現地の公民館に集合したあと、山中でトチの実を集める。作業の終了は午後3時半ごろ。

 定員は毎回40人。参加費は500円(お茶代や資料代、記念品など)。昼食時の弁当は各自で用意する。今年度の活動に初参加の人は傷害保険料(300円)が必要。

 申し込みは参加希望日の1週間前までに府中丹広域振興局地域づくり推進室(電話0773・62・2505、FAX0773・62・2859)へ。



2013.08.21pickup01

東京で綾部里山交流大学

立命大との共催で

市長もビデオで講演

 「最前線は自分でつくる」―。綾部里山交流大学の講座として「フロンティア・デザイン」をコンセプトにしたフォーラムが17日に東京であった。その中で山崎善也市長がビデオで講演し、グンゼの創業精神などを説明しながら、綾部の魅力を首都圏から参加した受講者らにアピールした。

 平成17年から始まった里山交流大学は、これまで鍛治屋町の市里山交流研修センターを中心にした綾部市内で開かれてきた。市は今年度、都市部での開催に対する補助金として150万円を計上。立命館大学大学院社会学研究科との共催で今回、東京で〝出前講座〟が行われることになった。

 フォーラムでは、半農半X研究所代表の塩見直紀さんらも講師を担当。受講者約60人は、新たな時代の可能性を秘めた「フロンティア」(未開拓の領野)として地方を捉え、若い世代が創造性を持ってデザインしていくことについて講義や事例発表、分科会を通して学び、考え合った。

 今回のフォーラムについて立命大産業社会学部の高嶋正晴教授は、「20代から40代前半までの参加が多かった。東日本大震災以降、自分の生き方や働き方を真剣に考える若い人が増えているように感じた」と話していた。



2013.08.21pickup02

南三陸町の子 綾部で夏休み

京都生協の「海と虹のプロジェクト」

志賀郷地区と古屋で

中学生57人 住民らと交流

京都生協の「海と虹のプロジェクト」で南三陸町の中学生57人が綾部を訪れ夏休みのひと時を過ごした。

昼食時に古屋公民館は南三陸町の中学生たちですし詰め状態になった(睦寄町で)

 東日本大震災で被災し、不自由な生活を余儀なくされたり、心に大きな傷を負った宮城県南三陸町の中学生らが17日、綾部を訪れた。中学生らは18日も含めた2日間、志賀郷地区と水源の里・古屋(睦寄町)で様々な体験活動を通して、綾部の人たちと心を通わせた。

 この行事は、「東日本大震災復興支援京都生協職員ボランティア」が企画した「海と虹のプロジェクト」。被災地の子どもたちに、夏休みの楽しい思い出をつくってもらいたいとう思いで、昨年から取り組んでいる。

 今回は16日から20日まで4泊5日の日程で、京都市や舞鶴市、綾部市を訪問する内容で計画。南三陸町からは57人の中学生らが参加した。

 志賀郷地区では住民有志が一行を受け入れた。17日午前、中学生らがバスで志賀郷町の志賀郷公民館前に到着すると、何北中学校ブラスバンド部が音楽演奏で歓迎するなどした。

 被災地の中学生らは、金河内町から志賀郷町までを流れる犀川(約4㌔)を歩いて下る「冒険川下り」にチャレンジしたり、薪(まき)を使う簡易なロケットストーブを利用して、昼食と夕食の調理も体験した。

 夜には向田町の長福寺で催された「向田観音祭り」に足を運び、幻想的な「火文字」も見物した。鍛治屋町の市里山交流研修センターに宿泊した。

 18日に古屋に移動した中学生らは、住民の渡邉和重さんらや古屋の支援団体「古屋でがんばろう会」の人たちと一緒に、地元住民の仕事のお手伝い。

 主に男子は山中でトチの木の群落を鹿の食害から守るための防獣ネット張り。女子は古屋公民館でトチの実の皮むきやトチ餅作りに取り組んだ。

 古屋の女性たちが昼食に手製のおにぎりと豚汁をふるまった時は、公民館内は中学生らですし詰め状態。普段、人口6人の集落は、子どもたちの明るい声で活気に満ちた。

 綾部で2日間過ごした2年生の女子生徒たちは、「火文字を見たのが印象的だった」「トチの実の皮むきは難しそうに思えたけど、うまくできた」などと感想を話していた。



次のページ »