2013.03.06pickup02

2年で桜など190本を植栽

物部地区自治会連合会

市の「いきいき地域づくり事業」で

物部地区桜植樹

植栽作業をする推進委員会のメンバーら

 「花の町物部」事業に取り組んでいる物部地区自治会連合会(高橋義彦会長)は2日、物部町の高屋寺観音堂跡に桜と梅の苗木を植えた。同連合会による植栽作業はこの日が最後となり、平成23年度からの2年間で同地区内に植えた苗木は桜と梅、ハナミズキを合わせて約190本となる。

 市の「いきいき地域づくり事業」の助成金100万円を活用して進めてきた。2年間で同地区内に桜などの苗木を植栽したほか、同町の市物部営農指導センターのサブ駐車場の公園化にも取り組んできた。

 このほか、市環境市民会議から無償提供されたスイセンの球根を地元の子どもたちと一緒に同駐車場周辺に植えた。

 この日の作業には高橋会長を始め、「花の町物部推進委員会」のメンバーら30人が参加。ソメイヨシノなどの苗木約20本が手際良く植えられた。子どもたちも参加予定だったが、午前7時半の時点で雪が降っていたため、今回は見送った。残る11本の苗木は近く、同地区の7自治会内に植える。

 また、公園化の取り組みでは東屋とベンチが完成。名称は同地区内での一般公募で「物部憩の花広場」に決まり、東屋には山崎善也市長の揮毫(きごう)による看板を設置した。



2013.03.04pickup01

最優秀は川村英和さんら

市消防本部が競技形式で訓練

市消防本部の特別救急訓練

審査員が周りを囲む中、救急活動を行う隊員ら(味方町で)

 綾部市消防本部(荒木敏文消防長)は1日、救急活動の技術向上を目的とした「特別救急訓練」を行い、救急隊6隊の計22人が参加した。訓練は競技会形式で行い、第4組(川村英和さん、中谷達哉さん、八木辰之介さん、小川凌さん)を最優秀賞として表彰した。

 同消防本部では、3年前から競技会形式の救急訓練を行い、日ごろの活動成果を披露するとともに、互いの技術を高め合っている。

 この日は「狭心症の80歳の男性が呼吸なしの状態で倒れている」と通報を受けたとの想定で、訓練を実施。

 輸液や薬剤投与などの「特定行為」ができる救急救命士を含む救急隊、含まない救急隊の2種類に分かれ、計6隊が訓練に当たった。

 リモコン操作で心肺の状態を変えられる人形を使い、刻々と状況が変化する「患者」に本番さながらの緊迫感を持って対応。訓練の様子は、担当長以上の9人が審査し「観察」「処置」「接遇」「時間」などを厳しく確認して各隊を順位付けした。

 



2013.03.04pickup02

豊里幼児園児ら28人

一足早く学校を体験

1年生が「小さな先生」に

豊里幼児園児が授業体験

鉛筆の練習をしたプリントを1年生に採点してもらう園児ら(栗町で)

 卒園を控えた栗町の豊里幼児園(久木和子園長、125人)の年長組(きく組)園児ら28人が1日、同じ町内の豊里小学校(山口幸子校長、199人)を訪れ、学校生活を一足早く体験する「体験授業」を受けた。

 この取り組みは、進学を控えた園児らがスムーズに学校生活を始められるようにと、「幼小連携」で一昨年から続けられている。学校側は、実際の1年生の教室に人数分の机を並べ、一人ひとりの机に手作りの名札を置いて園児らを出迎えた。

 この日、わくわくした様子で席に座った園児らは、教員から「(45分間という)長い時間勉強できる人」と聞かれると、自信たっぷりの大きな声で「はい」。

 あいさつや返事の仕方、数字の数え方など、教員から聞かれたことに声をそろえて元気いっぱいに答えて、1年生気分を味わった。

 また鉛筆の使い方も教わり、実際1年生も使うプリントを使って点線をなぞる問題に挑戦。すると「サプライズゲスト」として同校の1年生22人が「小さな先生」として登場。1年生に大きな丸や花丸を付けてもらうと、園児らは恥ずかしそうにしながらも、にっこりと笑って喜んでいた。



2013.03.01pickup01

3年間の思い出と夢を胸に

綾高卒業式 283人が巣立つ

綾高卒業式

校歌を歌う卒業生たち(1日午前9時30分ごろ、岡町で)

 綾部高校(福井真介校長)の平成24年度卒業式が1日、岡町の本校第1体育館で行われた。

 同校の今年度卒業生の総数は283人。内訳は、全日制の普通科が225人と農業科が13人、園芸科が15人、農芸化学科が24人、定時制の普通科が6人。

 午前9時20分ごろに卒業生たちは在校生らからの大きな拍手の中、吹奏楽部の演奏に合わせて入場。国歌と校歌斉唱のあと、各科の代表5人が壇上で福井校長から卒業証書を受け取った。

 在校生を代表して生徒会長の和泉駿君(2年生)の送辞に対し、卒業生代表の小畑果歩さんと森下一輝君、佐藤涼平君の3人が答辞を述べ、卒業生たちは3年間の思い出と希望を胸に新しいスタートを切った。



2013.03.01pickup02

ひな柄の茶碗で茶道

中筋子どもクラブが教室

中筋子どもクラブ

ひな人形柄の茶碗で茶道を教わる児童たち(大島町で)

 中筋小学校児童向けの放課後子ども教室「中筋子どもクラブ」(出野代富代表、120人)は2月27日、ひな祭り直前の茶道教室を開き、1~6年生の25人が、ひな人形柄の茶碗を使うなど季節感たっぷりの中で、茶道を楽しんだ。

 同クラブでは、裏千家淡交会に所属するサポーター・山本宗綾さんらが、月1、2回ずつ茶道教室を開催。特に今回はひな祭り前とあって、床の間にひな人形を飾るなどして季節感を出した。

 毎回十数人が参加しているが、この日は飛び入りの参加も多く、25人の大人数に。いつもより狭い部屋で、山本さんはお点前での袱紗の使い方やお茶のたて方などを説明。その後は、児童らがたてる側、もらう側に分かれて一連の流れを実践して、茶道の手順を学んだ。

 「お点前ちょうだいいたします」「ご相伴いたします」などの言葉を忘れて戸惑ったり、ひな人形柄の茶碗に気付いて「かわいい」と見せ合ったりするなど、児童たちは終始和やかにお茶を楽しんでいた。



« 前のページ