2013.02.15pickup01

原子力災害対策の計画案

パブリックコメント募集

25日まで

パブリックコメント募集

大飯原発に関しては、UPZが半径32.5㌔に拡大

 市はこのほど、市地域防災計画(原子力災害対策編)の修正案と市原子力災害住民避難計画案をまとめた。原発事故が発生した時の「緊急時防護措置を準備する区域」(UPZ)を高浜原発から半径30㌔、大飯原発から半径32・5㌔に設定した同計画案に関するパブリックコメントを、市は今月25日まで受け付けている。

 福島第一原発の事故を教訓に国は昨年10月、原子力災害対策指針を見直し、UPZを30㌔に拡大した。それに先がけ、市は30㌔圏内の住民の避難先も盛り込んだ市原子力発電所防災対策暫定計画を昨年7月に策定している。今回、国から示された地域防災計画作成マニュアルなどに基にしながら、防災計画を見直した。

 市地域防災計画(原子力災害対策編)の修正案は、総則▽原子力災害事前対策▽緊急事態応急対策▽原子力災害中長期対策―の計4編から成る。

 綾部市内のUPZは、高浜原発に関しては暫定計画と同じエリアだが、大飯原発に関しては32・5㌔に拡大されたため、奥上林と中上林全域に加え、於与岐町の大又自治会も入るようになった。対象人口(今年1月1日現在)は高浜原発が9277人、大飯原発が1877人。

 また、住民避難計画案には、原発事故の拡大に伴って綾部市内での避難がUPZ圏外に及ぶ場合、状況に応じて福知山市や亀岡市へ避難することも記されている。

 市は、計画の修正案を公式ホームページでも公開。パブリックコメントは市役所総務課窓口のほか、ファクス(42・4406)や電子メール(somu@city.ayabe.lg.jp)でも受け付けている。   



2013.02.15pickup02

クッキーで黒谷和紙のPRを

綾高東分校が農業クラブ学習発表会

楮を食材に研究、販売

農芸化学科の女子生徒たちが提案

綾高東分校学習発表会

福井校長(左)から「水・土壌環境保全活動功労賞」の表彰状の伝達を受ける分析科学部員の代表=並松町で

 綾部高校東分校の生徒たちが1年間、課題研究に取り組んだ成果などを発表する「農業クラブ学習発表会」が13日、並松町の市民センター中央ホールで開かれた。「黒谷和紙で綾部をPRする」ことを研究テーマにした女子生徒たちは、和紙の原料となる楮(こうぞ)を食材に使うという新しい発想で「楮クッキー」を考案。楮の葉の栄養成分も調べて、販売もした。女子生徒たちの研究内容は、綾部の新たな特産品づくりへの提案と言えるものだった。

 楮クッキーを考案したのは、農芸化学科で食品製造を専攻している3年生の森脇佑果さんと夏原愛さん、廣瀬真実さん、廣野涼美さんの4人。

 同発表会では1、2年生の9人が一人ずつ、「食料・生産」「環境」といった分野ごとに意見発表。グループで課題研究に取り組んだ3年生は、6組が順に成果や課題を述べた。

 綾部市外から通学している森脇さんたち4人は、「自分たちが綾部のことを知ろう」と伝統工芸品の黒谷和紙に関心を持った。黒谷町に足を運んで和紙作りの歴史や技法などを学ぶと、黒谷和紙をPRするために、楮を使った加工品の開発にチャレンジした。

 クッキー作りには、水洗いした楮の葉を茹でて乾燥させ、製粉機にかけて粉末にしたものを用いた。楮の香りや色が損なわれないよう茹でる時間も考慮したという。

 楮の葉の栄養成分を調べるとビタミンCが100㌘当たり29・35㍉グラム含まれ、この量はチンゲンサイより5㍉グラム余り多いことも分かった。

 4人の女子生徒たちは楮クッキーの取り組みについて昨夏、京都市で開かれた農業クラブの府連大会でも発表した。更に同校の秋の即売会で製品を販売した際は、クッキーの袋の中に黒谷和紙について説明した紙も添えた。

 同発表会の場で森脇さんらは「綾部のことを調べたことで自分たちも成長できた。楮は体にいいことも分かり、いろんなところで使われれば良いと思う」などと話していた。

 また、同発表会の中では、同校の分析科学部が環境省から平成24年度「水・土壌環境保全活動功労者表彰」を受けたことに関して、福井真介校長から生徒の代表に表彰状が伝達された。



2013.02.13pickup01

「太鼓には不思議な力がある」

市身体障害者協会の研修会

るんびに苑の藤理事長が講演

太鼓には不思議な力がある

「るんびに学園」での取り組みなどについて話をする藤さん(青野町で)

 市身体障害者協会(塩見弘之会長)の研修会が10日、青野町の市保健福祉センターであり、参加者たちは社会福祉法人・るんびに苑理事長の藤大慶さん(70)の講演に耳を傾けるなどした。

 十倉中町で情緒障害児短期治療施設「るんびに学園」を運営している藤さんは、心に障害を持つ子どもたちが立ち直れるよう、同学園で和太鼓の活動を取り入れていることなどを話した。

 藤さんは以前、大阪府茨木市の寺院の住職をしていた時、青少年問題への対応を考える中で、中学生の息子が学校で練習している和太鼓に接した。

 息子の友人たちを寺に招いて太鼓の実演を見た際、緩んだ態度の中学生たちが太鼓を打つと別人のように健全な姿に変わった。

 「太鼓には不思議な力がある」と確信した藤さんは、昭和61年に和太鼓集団「るんびに太鼓」を創設。平成15年に開設した同学園でも、太鼓を通じて心が傷ついた子どもたちを育んでいる。

 同学園が受け入れている子どもたちの大半は親から虐待を受け、親の中にも同様に育ってきた人がいることをを話しながら藤さんは、「るんびに学園で虐待の連鎖を断ち切りたい」と思いを話した。

 研修会ではこのほか、物部町にあるグループホーム「ゆうゆう荘」に入所している肢体障害者の井上隆由さんが、グループホームでの生活について体験発表した。



2013.02.13pickup02

ボランティア同士交流しませんか

3月9日に地域サロンの研修・交流会

田野コミセンでお菓子作り講習も

地域サロンの研修

「スマイルたの楽」は昨年10月、開設1周年の記念イベントも催した(田野町で)

 市内各地で地元の高齢者らを対象にした地域サロンを運営するボランティア同士、交流しませんか? あやべボランティア総合センターの地域サロン部会(林幹男部長)は3月9日、田野町の市田野コミュニティーセンターで開く研修・交流会の参加者を募集している。

 当日は午前10時から。同センターで平成23年10月から「くつろぎ喫茶」と名付けたサロン活動をしている「スマイルたの楽(らく)」(田中仲江代表)が活動報告したあと、サロン活動にも活用できる手作りお菓子(まんじゅう)の講習会も行われる。

 また、サロン運営の工夫点や課題などについて意見交換する場も設けられるほか、市社協が行っている「くつろぎ移動足湯事業」の紹介と体験もある。終了は午後3時半。

 参加費は1千円(昼食・喫茶代)。お菓子作りの講習会時に使用するエプロンと三角巾(さんかくきん)は各自で持参する。同部会は、これから地域サロンを始めようと考えている人たちの参加も歓迎している。

 申し込みは21日までに、あやべボランティア総合センター(電話40・1388)へ。



2013.02.11pickup01

高本夏実さん(福高3年)最優秀

佐藤太清賞公募美術展で

受賞作の「共鳴り」

受賞作の「共鳴り」

 全国公募展の第12回「福知山市佐藤太清賞公募美術展」(福知山市など主催)でこのほど、福知山高校3年の高本夏実さん(18)=本町4丁目=が描いた油絵が絵画の部で最優秀の佐藤太清賞を受賞した。高本さんの作品を始めとする入賞作品などは2月14日以降、東京や横浜、京都、名古屋で巡回展示される。

 ライオンの顔と乳幼児が描かれた受賞作の「共鳴り」(サイズ縦、横各1・1㍍)の創作意図について高本さんは、「生きものの持つ生命力をシンプルに表現した」という。今回、同美術展の絵画の部に103点、日本画の部に49点の計152点の応募があった。絵画の部で佐藤太清賞には高本さんの作品を含め3点が選ばれた。

 



2013.02.11pickup02

18日~3月15日に所得税の確定申告

21日から綾部で申告相談会も

 平成24年分所得税の確定申告が18日から全国で始まる。期間は3月15日まで。福知山税務署は21、22、25、26、27、28の6日間、西町1丁目のI・Tビルで税理士による臨時申告相談会を無料で行う。時間はいずれも午前9時半~正午と午後1時~同4時で、利用を呼びかけている。

 所得税の確定申告が必要となる人は、給与収入が2千万円を超える▽給与を1カ所から受けていて、給与所得と退職所得を除く所得金額の合計額が20万円を超える▽公的年金などの収入金額の合計額が400万円以上ある―など。

 今回の所得税に関する主な改正は、生命保険料控除の対象となる保険料に、平成24年1月1日以降に契約した介護医療保険料(最高4万円の控除額)が追加された。

 申告書は、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp/)の「確定申告書等作成コーナー」でも作成できる。また、出来上がった申告書は同じホームページ内の「e―Tax」を利用しての送信も可能。今回から贈与税の申告にも対応している。

 このほか、個人事業者の消費税と地方消費税の申告は4月1日まで、贈与税は3月15日まで受け付けている。確定申告についての問い合わせは福知山税務署(電話22・3121)へ。



2013.0208pickup01

森林の現状、地図で可視化

森林マスタープラン検討会議

3月に中間報告

森林の現状を地図で

地図を見ながら、話をする委員たち(市役所まちづくりセンターで)

 

 持続可能な林業の基盤づくりなどを目的に、市が今年度から策定作業を進めている「森林マスタープラン」の3回目の検討会議がこのほど、市役所まちづくりセンターで開かれた。今回は、綾部市の森林の現状と課題を可視化した地図を見ながら、委員らは意見を交わした。

 地図の作成には、検討会議の座長を務めている府立大学大学院の田中和博教授の森林計画学研究室の地理情報システム(GIS)が活用された。

 地図作成の資料として、森林簿や作業道の路網といった既存のデータなどを使用。作業道の幅員や作業道から施業する場所までの距離、山の傾斜角などに基づき、地図にはハーベスタやスイングヤーダなどの高機能林業機械を使った施業が可能かどうか記されている。

 データ分析の結果、綾部市内の杉やヒノキの人工林の中には「施業困難地」と考えられる所が多いことが判明。検討会議では今後、ワーキンググループで現地の状況を調べながら、地図とすり合わせしていくことにしている。

 4回目の検討会議は3月に開かれ、市は中間報告をまとめる。森林施業を推進していくための基本方針となる同プランは、来年度に策定する。

 



2013.02.08pickup02

まゆピー 17日に京都出張

京都ご当地キャラフェスに参加

4月末のデビュー以降市内外で26回出演

まゆピー京都へ

「まゆまろ」(右)から招待状を受ける「まゆピー」(市役所本庁舎玄関前で)

 昨年4月末にデビューした綾部市のマスコットキャラクター「まゆピー」の着ぐるみは、綾部市内のほか、市外でのイベントにも大いに活用されるようになっている。17日は京都市南区のイオンモールKYOTOで開かれる「京都ご当地キャラフェスティバル」(府・府広報協議会主催)で、綾部市をPRする。  

 近年、全国各地で「ゆるキャラ」が次々と誕生する中、市は市制施行40周年記念事業で平成2年に考案された「まゆピー」と、市消防本部のマスコット「けし太君」、綾部の特産品を組み合わせた食のマスコット「あやちゃん」の3体の着ぐるみを24年度事業で制作した。事業費は182万7千円。

 3体の着ぐるみのデビューは、昨年4月29日の「あやべ丹の国まつり」。以後、「まゆピー」は「市民平和祈願の集い」や「産業まつり」といった市内の行事・イベントの会場に登場してきたほか、亀岡市や宮津市、京都市へも〝出張〟。これまでの出演回数は26回となっている。

 27回目の出演となる同フェスティバルには、府と府内20市町が参加。各地のゆるキャラも勢ぞろいし、地元の魅力や特産品などを紹介する。すべてのキャラが集合するのは、午前11時と午後3時からの2回。

 同フェスティバルに向け、府は府のキャラクター「まゆまろ」が各市町のキャラクターに招待状を渡すことも企画。綾部市では6日、市役所本庁舎の玄関前で行われ、「繭」をモチーフにしたキャラクター同士が対面した。

 「まゆまろ」は元々、平成23年に京都府内で行われた国民文化祭のマスコットキャラクターとして制作され、デビューは平成21年10月。キャラクターの誕生は「まゆピー」の方が早い。

 市は、地域のイベントなどにも「まゆピー」の着ぐるみを貸し出している。着ぐるみは身長約1・8㍍で、送風機で内部に空気を送り込む「エアタイプ」となっている。問い合わせは市秘書広報課広報・広聴担当(電話42・3280代表)へ



2013.02.06pickup01

商品製作に加え、販売も実習

中丹支援学校高等部の生徒たち

フクヤで「いらっしゃいませ」

中丹支援学校がフクヤで

自分たちが手作りした製品を陳列して接客する高等部の生徒たち(大島町で)

 府立中丹支援学校(福知山市私市)の高等部の生徒たちが5日、大島町のフクヤ綾部大島店(池部豊樹店長)で実習の中で製作した陶器などを販売した。

 障害者の活動に積極的に協力している同店では、2年前からこの課外授業のために店頭を提供しているほか、昨秋からはNPO法人・自立支援センターいかるがの郷の「資源ごみリサイクル活動」にも協力。今回、支援学校の生徒たちはスーパーマーケットの仕事も見学させてもらい、職業意識を高めた。

 62人いる高等部の生徒たちは作業学習の中で、「生活の中で使う」ことをテーマに皿やマグカップ、トートバッグ、エコポットなどの品物約800点を手作りした。

 製品の値札付けや梱包(こんぽう)、当日の会場の準備も自主的に行った。販売会では何人もの生徒たちが時間を区切って交代しながら、接客に努めた。

 来客があると、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と大きな声が聞こえた。2年生の男子生徒は「自分が作った品物が売れて、大切に使ってもらえたらうれしい」と話していた。

 また、生徒たちは池部店長に店内を案内してもらい、食品が冷凍管理されている仕組みや野菜がパック詰めされる工程などを見学した。

 池部店長から「何かが起きた時は必ず上司に連絡することが大切です」と職場で心得ておくべきことも学んだ。



2013.02.06pickup02

個人は塩見耕治さん優勝

第58回「市茶香服大会」

団体は連合製茶場

市茶香服

香りなどで茶葉の種類と産地を当てる参加者たち(宮代町で)

 宮代町のJA京都にのくに茶業センターで3日、第58回「市茶香服大会」(市茶生産組合連合会主催)が開かれ、団体の部では連合製茶場、個人の部では塩見耕治さん(連合)がそれぞれ優勝に輝いた。

 この大会は、生産者の鑑定技術の向上と親睦(しんぼく)が目的。今年は市内の13団体から約70人が参加した。

 競技には白川(宇治)と両丹の玉露、和束と静岡、鹿児島産の煎茶(せんちゃ)が使われ、それぞれに「花・鳥・風・月・客」の名前が付けられた。参加者たちはお茶を飲み比べながら、味などで茶葉の種類と産地を当てた。「煎茶は香りが同じで難しい」と言いながら挑戦する人もいた。

 優勝を除く団体、個人の上位入賞者は次の通り。敬称略。丸かっこ内は所属団体。

 団体=②小西茶業組合③栗上茶業組合▽個人=②荒堀英明(JA)③櫻井喜仁(小西)④四方英幹(同)⑤村上弘一(同)⑥大島俊子(栗上)⑦大島節子(三ケ)⑧永井サヱ子(栗上)⑨永井里香(同)⑩福井洋(大岡) 



« 前のページ次のページ »