2012.07.18pickup01

世界平和の「架け橋」に!

綾部宗教懇話会が「市民の集い」

綾部宗教懇話会

市内の各宗教の代表者らが出席して開かれた宗教懇話会の平和祈願祭(神宮寺町で)

5月で創立25周年を迎えた綾部宗教懇話会(鹿子木旦夫会長)の「世界平和を祈る綾部市民の集い」が16日夜、神宮寺町の金光教綾部教会で開かれ、市内の各宗教の代表者らが世界平和とともに、すべての生命と共生できる持続可能な社会を目指すことを誓った。

同集いには山崎善也市長のほか、このイベントを後援した市市民憲章推進協議会や綾部世界連邦運動協会の代表ら来賓と市内の各宗教の関係者ら計約150人が出席した。

鹿子木会長は席上、昭和61年に開かれた世界の宗教代表者による平和祈祷集会や翌年の比叡山宗教サミットを受けて綾部で誕生した宗教懇話会の歴史を振り返ったあと、脱原発や再生可能エネルギー開発の促進など「平和と環境」を守る活動とともに、宗教が世界平和の「架け橋」にならねばならないと強い決意を述べた。

第1部の「平和祈願祭」は金光教綾部教会(八木道正教会長)が担当し、「神前拝詞」や「祭詞奏上」に続いて来賓による玉串奉奠(てん)、「祈りのことば」唱和などを行った。

第2部では、山崎市長の祝辞や渡辺順一・金光教羽曳野教会長の講演「無縁社会における宗教の役割=凹地(くぼち)からの光=」があった。



2012.07.18pickup02

今年度初の食中毒注意報

猛暑日になった17日、府は府北部地域に今年度1回目の食中毒注意報を発令した。発令期間は19日午前10時までの2日間。



2012.07.16pickup01

「人との出会いを大切に」

上林中で「ふる里講話」

陸上審判員の波多野伊織さんが講演

上林中

上林中の生徒たちに陸上競技を通じて学んだことなどを話す波多野さん(左)=八津合町で

社会人講師を招いて古里を見つめる取り組みをしている八津合町の上林中学校(榊原正純校長、23人)で12日、「ふる里講話」の授業があり、日本陸上競技連盟公認のS級審判員の資格を持つ波多野伊織さん(65)=同町=が陸上競技を通じて人生の教訓になったことなどを話した。

波多野さんは、中学生の時に体育教師だった乾主計さん(故人)から指導を受けたことがきっかけで、陸上競技にかかわるようになった。

長距離走の選手として自分自身に課題を与えながら練習に励んだという。社会人になって39歳で綾部に帰郷した際も、乾さんの勧めで今度は指導者の道を歩む決心をした。

乾さんから陸上競技のことだけでなく、人との付き合い方を学んだという波多野さんは、全校生徒に「人との出会いを大切にして下さい」と話した。

※記事を抜粋。全文は本紙で



2012.07.16pickup02

山家城と城下町の歴史は?

東綾中1年生が地域学習

東綾中

絵図を示しながら、城下町について説明をする川端さん(右)=東山町で

東山町の公民館で12日、東綾中学校(岡田利行校長)の1年生12人が「山家城とその城下町」をテーマにした授業を受け、地域の歴史に関心を深めた。

この日、公民館には「山家歴史の会」(有道大作会長)が復元した年代別の数種類の山家城下町の絵図が張り出された。講師は、復元作業にかかわった綾部史談会副会長の川端二三三郎さんが務めた。

川端さんは、由良川と上林川の合流地点で京都と田辺藩(現舞鶴市)を結ぶ街道の要所だった山家に城が設けられた歴史について説明した。

また、川端さんは宿場町として栄えた山家の城下町の特異性や山家藩主だった谷氏の人物像などについて解説しながら、「山家には、自慢できる歴史や遺産がある」と生徒たちに語りかけた。

授業のあと、生徒からは「東山町について知っているつもりだったが今日、初めて知ることが多かった。他の地域の歴史についても知りたい」という声もあった。



2012.07.13pickup01

メルヘンチックな壁画

国道27号の福井石油渕垣給油所に

壁画

「殺風景な店の雰囲気を明るくしたい」と、大丹生さんが壁に描いた絵(渕垣町で)

国道27号を通るドライバーらの間で「何の絵が出来るんやろ」と話題になっていた渕垣町の福井石油渕垣給油所(福井健太店長)に壁画が11日、完成。ヒマワリなどが入ったカラフルな絵は殺風景だったガソリンスタンドを明るく変えた。

絵の作者は同社社員の大丹生敦(おおにゅうあつし)さん(55)=睦合町。店の雰囲気を明るくしたいと、高さ2㍍余り、幅10㍍以上ある敷地の壁をカンバスにした。

福井店長と相談してメルヘンチックな絵を描くことにした大丹生さんは我流で創作。4月からペンキを使ってコツコツと描いてきた。

完成した絵は青空と緑豊かな風景の中に子どもたちが遊ぶ様子などが描かれている。

※記事を抜粋。全文は本紙で



2012.07.13pickup02

会員1500人超える

あやべ特別市民制度

「あやべ特別市民」制度がスタートして14年目となる今年度、会員数が初めて1500人を超えた。7月8日現在の会員数は1520人で過去最多。今年度1回目の「ふるさと産品」の発送は9月末で、市は引き続き、入会を呼びかけている。

市外に住む綾部出身者らを対象にした特別市民制度の年会費は1万円。「ふるさと産品」を年3回、市の広報誌「ねっと」と会報「ニュースレター」を毎月1回、送っている。平成23年度からはNPO法人里山ねっと・あやべと連携し、取り組んでいる。

昨年度の会員数は1323人で、うち171人が退会。市は今年度、市職員や市民らに紹介による入会促進を図った。また、市外に住む固定資産税の納付者(約2500人)にチラシを送ったところ、61人が入会。新規会員の総数は現在、368人となっている。

1回目の「ふるさと産品」の内容は綾部産の新米(5㌔)と、綾部茶セット(JA京都にのくに)▽醤油セット(あやべ作業所)▽丹波銘菓セット(中村屋)―の中から1セットを選べるようにしている。

市は、「あやべ特別市民」のホームページ(http://www.ayabefan.com)を開設したほか、メールマガジンの配信も始めた。

※記事を抜粋。全文は本紙で



2012.07.11pickup01

交通安全対策を最優先に

国道27号整備促進期成同盟会が総会

期成同盟会

紹介される新役員たち(並松町で)

綾部と西八田、東八田3地区の国道27号沿線住民らで組織する「国道27号整備促進期成同盟会」(塩尻泰一会長)は9日、並松町の市民センター多目的ホールで平成24年度総会を開き、子どもや高齢者らを交通事故から守るための安全対策を最優先にした道路改修の推進を国交省近畿地方整備局へ要望することなどを決めた。

同会の今年度役員は次のみなさん。

会長=塩尻泰一(西八田地区自治会連合会)▽副会長=四方諭(味方町自治会)四方克實(中山自治会)▽事務局長=大西秀夫(下八田自治会)▽監事=安積將明(綾部地区自治会連合会)辻井均(東八田地区自治会連合会)▽代表委員=堀口達也(市議)木下芳信(同)吉崎進(同)井上信治(綾部商工会議所)四方康彦(紫水ケ丘自治会)安坂利和(渕垣自治会)瀬野薫(安国寺自治会)



2012.07.11pickup02

10日は「府民防犯の日」

綾部でも啓発活動

府民防犯の日

綾中町のバザールタウン綾部での街頭啓発活動

「府民防犯の日」の10日、綾中町のバザールタウン綾部で街頭啓発活動が行われた。

府は、「犯罪のない安心・安全なまちづくり条例」で7月10日を「府民防犯の日」と定めるとともに、19日までの10日間を「府民防犯旬間」として府内各地で防犯意識の向上を呼びかける啓発活動などに取り組んでいる。

綾部での啓発活動には、市安全・安心のまちづくり推進協議会や綾部署などから約20人が参加。関係者たちは、自転車用のワイヤーロックやウェットティッシュなどを買い物客らに配りながら、「府民防犯の日」をPRした。



2012.07.09pickup01

市内外から参拝者続々

宝住寺で「きゅうり封じ」

本社後援

きゅうり封じ

遠方からの参拝もあった「きゅうり封じ薬師大祭」(味方町で)

味方町の臨済宗宝住寺(河野義方住職)で8日、「きゅうり封じ薬師大祭」(あやべ市民新聞社など後援)が営まれ、無病息災や家内安全などを願う参拝者が市内外から訪れた。

「きゅうり封じ」の由来は約1200年前、弘法大師が薬師如来の本願によって病魔や悪鬼をキュウリに封じ込め、厳しい修行で疲弊した自らの病を癒し健康を取り戻したのが始まりとされる。

この日は約300本のキュウリが用意された。参拝者の願い事を書いた紙が巻かれたキュウリが薬師如来像の前に運ばれると、河野住職が「おんころころ せんだりまとうぎ そわか」と唱えながら願い事が成就するよう、1本1本のキュウリに祈祷(きとう)をした。また、境内では「薬師そば」と抹茶の無料接待を受ける人もあった。



2012.07.09pickup02

機械、電気両科で26人卒業

綾部工業研修所の第46期生

綾部工業研修所

卒業証書を受け取る卒業生(西町1丁目で)

一般社団法人・綾部工業研修所(齋藤正幸理事長)は6日、西町1丁目のI・Tビルで第46期生の卒業式を執り行った。将来の、ものづくりを担う26人が電気、機械の基礎知識を身に付けて巣立った。

同研修所は機械科と電気科の2コースがあり、入所した人は1年間、勤務後に工業基礎を学んできた。卒業式では齋藤理事長の式辞のあと、卒業生一人ひとりに卒業証書を手渡した。

また、成績優秀者の表彰もあった。特別表彰を受けたのは次のみなさん。丸かっこ内は事業所名。

【機械科コース】市長表彰=勝井泰生(サンキン)▽市教育長表彰=松山剛(クリエイティア)▽会頭表彰=金沢大植( 堀内機械)

【電気科コース】市長表彰=藤原拓也(日東精工)▽市教育長表彰=大槻泰孝(同)▽会頭表彰=岡安浩(サント機工)

同研修所の第47期生26人の入所式は10日に行われる。



« 前のページ次のページ »