2012.07.30pickup01

水無月まつり 夜空焦がす4千発

良さ来い、万灯流し、花火…

祭りムード一色に

水無月まつり

今年も綾部の夜空を焦がした花火(並松町の由良川河畔から撮影)

綾部の夏の一大イベント「あやべ水無月まつり」(同まつり実行委員会主催)が28日に開催され、夕方から多くの人でにぎわった市街地一帯は祭りムード一色に包まれた。

午後4時前から降り出した強い雨のため、西町アイタウンでの「あやべ良さ来い」の第1部は約40分遅れで始まった。今年は14チーム、約400人が参加。このうち、初参加の綾部と東八田、西八田の3幼稚園の園児たちは練習を重ねてきた踊りを披露し、会場を盛り上げた。

由良川河畔では献灯神事とともに、平和祈願の「万灯流し」が行われた。今年は新しい試みとして、カヌーに乗ったボランティアも灯籠(とうろう)を流した。アウトドアスポーツ用品メーカー「モンベル」が発行する機関誌などを通じて募ったもので、広島県などから11人が参加した。

午後8時からの花火大会は点火式のあと、スターマインがオープニングを飾った。このあとは10シリーズの花火と、フィナーレの5号玉、特大スターマインを含めた約4千発の花火が綾部の夜空を焦がした。今年は風がなかったためか、後半は煙に覆われてしまった花火もあった。



2012.07.30pickup02

5年ぶり「まつり」と同時開催

熊野新宮神社の水無月大祭

水無月大祭

神事の前に太鼓演奏を奉納する、あやべ太鼓保存会の会員ら(並松町で)

並松町の熊野新宮神社(出口孝樹宮司)で28日、今年で314回目となる例祭「水無月大祭」が行われ、地域の安全や平和などが祈願された。

同大祭と「あやべ水無まつり」(同まつり実行委員会主催)の花火大会は、平成14年まで7月28日に開催されてきた。

しかし、「あやべ水無月まつり」が15年から7月の第4土曜に変更されたのに伴い、開催日が異なるようになった。今年は28日が第4土曜と重なったため、5年ぶりに同じ日になった。

この日、同神社境内には、かつて大祭時に市街地を巡行した神輿(みこし)2基が並べられた。午前10時からの神事の前に、あやべ太鼓保存会の会員4人が威勢よく太鼓演奏を奉納。神事では、参列した市内の各種団体の代表らが玉串を供えるなどした。



2012.07.27pickup01

西村敏雄さんに振興局長賞

府養蜂組合中丹支部「はちみつ共励会」

はちみつ共励会

府中丹広域振興局長賞を受けた西村さん(中央)と綾部市長賞の岡安さん(左)、福知山市長賞の千本さん=並松町で

並松町の市民センターで25日、平成24年度の「はちみつ共励会」(府養蜂組合中丹支部主催)が行われ、同支部長の西村敏雄さん=味方町=が府中丹広域振興局長賞を受賞した。

出品された蜂蜜は昨年より少ない14人からの22点で、睦寄町古屋で採取されたトチ蜜もあった。審査は風味や糖度などを評価した。今年は春先の天候不順で収量が少なく、平均糖度は昨年の83度を下回る79・9度だった。入賞した13点は、8月3日に亀岡市で開かれる府はちみつ品評会に出品される。

府中丹広域振興局長賞を除く入賞者は次のみなさん。

綾部市長賞=岡安芳一(高槻町)▽福知山市長賞=千本義弘(安場町)▽2等=井上勇人(小畑町)大槻栄(川糸町)伊賀原健雄(今田町)▽3等=吉崎尚之(於与岐町)樋口勝巳(下原町)藤井健治(八津合町)井上秀夫(井倉町)▽入賞=渡辺二三夫(十倉向町)大槻昭彦(福知山市)永井久寿(今田町)



2012.07.27pickup02

28日に「みなつき献血」

市保健福祉センターで

綾部献血推進協議会と府赤十字血液センター福知山出張所は、28日午前10時から午後3時まで青野町の市保健福祉センターで「みなつき献血」(綾部ライオンズクラブ後援)を行う。

献血は400㍉リットル限定。17~69歳の人で50㌔以上の体重があれば献血できる。ただし、女性は18歳以上。65~69歳の人は、60~64歳に献血経験がある人に限られる。

当日は骨髄バンクのドナー登録会も行われる。問い合わせは市保健推進課(電話42・0111)へ。

 



2012.07.25pickup01

綾部天満宮で夏祭り

綾部天満宮

天神町のお旅所で菓子などの接待を受ける子どもたち

駅前通の綾部天満宮(奈島正倫宮司)で24日、恒例の夏季大祭があり、子ども神輿(みこし)が氏子地域を練り歩くなどした。

午前10時に執り行われた神事では行政や金融機関、近隣自治会、各種団体の代表者らが神前に玉串を捧(ささ)げた。

神輿渡御には氏子地域の小学生や幼稚園児のほか、綾部太鼓子供会も参加。子どもたちは旗持ちと神輿引き、鉾(ほこ)車引きに役割分担して同神社を出発した。

夏の日差しが照りつける中、子ども神輿の一行は約1時間半かけて相生町と天神町、北西町、広小路、新広小路、西新町、幸通、駅前通を練り歩いて同神社に戻ってきた。

子どもたちは、道中に設けられているお旅所で地元の人たちから飲み物や菓子の接待を受けていた。



2012.07.25pickup02

農業に役立つ紐の結び方は…

里山ねっと「米作り塾」の講座で

米作り塾

藤野さん(右)から農作業に役立つ紐の結び方を学ぶ参加者ら=鍛治屋町で

NPO法人里山ねっと・あやべ主催の「農業のための紐(ひも)の結び方教室」が22日、鍛治屋町の市里山交流研修センターであり、10人の参加者たちが「本結び」などの方法を学んだ。

同教室は今年5月に始まった「あやべ里山米作り塾」の3回目の講座。今回の参加者は京都や大阪のほか、「お母さんに勧められた」という鍛治屋町に住む中学2年生の女子生徒もいた。

講師の藤野均さんは参加者一人ひとりに紐と細い竹を手渡し、「ひばり結び」や「ひと結び」などの方法を指導。ちょうちょ結びの変形で片方に羽の形ができる「片ちょうちょ結び」に関しては、「ちょうちょ結びよりほどけにくいので、農作業には片ちょうちょ結びの方がよい」とした。

参加した女性の一人は「知っている結び方もあるが、普段その結び方をすることがないので忘れていました」と話していた。

参加者たちは午後には鍛治屋町の田んぼに足を運んで田に水を供給する「水番」の仕事について学んだほか、紐の結び方の実技として稲木作りに取り組んだ。



2012.07.23pickup01

午前中の降雨も準備万端

花火や模擬店など盛大に

第34回「中筋納涼大会」

中筋納涼大会

綾部中学校吹奏楽部の演奏には多くの来場者が集まった(大島町で)

中筋商工繁栄会(福井信雄会長)が主催する第34回「中筋納涼大会」が21日、大島町の中筋小学校校庭で開催され、会場は多くの家族連れらでにぎわった。

この日は午前中に一時、雨が降って校庭の一部にぬかるんだ所ができたが、そこにはゴザを敷くなど準備万端の上で、開会を迎えた。午後4時には模擬店が開店し、中でも「スーパーボールすくい」は子どもたちの人気を集めた。

夕方からのアトラクションは、和太鼓グループ「乱れ組」などが太鼓演奏を披露。続いて、綾部中学校吹奏楽部がアンコールを含め6曲を演奏し、会場を盛り上げた。

後半はカラオケ大会や「高津『よさこい』踊り」があり、来場者を楽しませた。フィナーレは、市民からの協賛金による「ふれあい花火」と、物故者のめい福を祈る「供養花火」が盛大に打ち上げられ、大会を締めくくった。



2012.07.23pickup02

歩行者に気遣う心で事故はなし

「夏の交通事故防止府民運動」始まる

夏の交通事故防止府民運動

チラシなどを配りながら、啓発活動をする関係者ら(宮代町で)

「歩行者に 気遣う心で 事故はなし」をスローガンにした「夏の交通事故防止府民運動」が、21日からスタートした。綾部市内では前日の20日、市安全・安心のまちづくり推進協議会と綾部交通安全協会、綾部地域交通安全活動推進委員協議会、綾部署の4団体が宮代町のマツモトあやべ店前で啓発活動した。

8月20日までの1カ月間、府内全域で取り組まれる同運動では、子どもと高齢者の交通事故防止▽自転車の安全な利用の促進▽悪質・危険運転の追放▽シートベルト・チャイルドシートの正しい着用・使用の徹底―に重点が置かれている。

同運動期間中、市内9カ所の放課後学級で子ども交通安全教室も予定されている。



2012.07.20pickup01

三ツ星ベルトが市に自転車を寄贈

自社技術を応用して自動変速

自転車

三ツ星ベルト技研の井原総務部長(右)から自転車を受け取った山崎市長=市役所で

産業用ベルトを製造する三ツ星ベルト(本社・神戸市、垣内一社長)は18日、社会貢献活動の一環として自社技術を応用して開発した自転車2台を市に寄贈した。市は公用自転車として今後、市職員を中心に使用する。

自転車には、チェーンの代わりにミニバイク用に製造しているゴム製ベルトを使用。坂道などでペダルを踏み込むと、その力で自動変速するのが特徴だ。製品化に向けて300台を製造しており、工場がある香川県さぬき市などにも贈った。

この日は、城山町にある同社の子会社、三ツ星ベルト技研の井原史雄・総務部長が市役所を訪問。自転車を受け取った山崎善也市長は、「現地現場主義の観点に立ち、この自転車を通じて聞いた市民のみなさんの声を市政に反映させたい」と述べた。



2012.07.20pickup02

市長ら登校見守り 綾部小で

登校見守り

登校してきた児童たちとあいさつを交わしながら通学の安全を見守る山崎市長(左)ら=本町2丁目

市と綾部署は合同で19日朝、綾部小学校(上野町、大槻富美雄校長)の通学路になっている本町2丁目の市道交差点で、登校する児童たちの交通安全を見守る活動をした。

活動には山崎善也市長や新谷泰宏署長、足立雅和市教育長ら10人余りが参加。翌日が1学期の終業式になっているため、「児童たちが交通事故に遭わずに夏休みを迎えられるように」という思いだった。

同校によると、この通学路は全校児童約600人の6割が利用している。山崎市長らは「交通安全」と書かれたたすきをかけて、午前7時半過ぎから街頭に立った。

子どもたちが登校して来ると「おはよう」とあいさつを交わし、通学の安全を見守った。



次のページ »