2011.12.07pickup02

今こそ〝おせっかいな社会〟を

市公民館大会でアピール

市公民館大会

オープニングを飾った「綾部公民館にわかづくり合唱団」(並松町で)

「つながろう地域、深めよう絆」をテーマにした市公民館連絡協議会(澤田正一会長)主催の市公民館大会が3日、並松町の市民センター中央ホールで市内の公民館関係者らが出席して催された。

綾部公民館関係者や綾部中学校生徒らでつくった「にわかづくり合唱団」の歌声がオープニングを飾ったあと、澤田会長が登壇。今年10月に佐賀県で開催された「全国公民館研究集会」に澤田会長らが参加し、第1分科会「公民館の運営と住民参画」で800人の関係者を前に綾部公民館の活動を紹介するなどしたことを報告した。

更に、「『見て見ぬふり』をする社会ではなく、『おせっかい』な社会への行動が今、必要ではないか。13公民館が更なる連携を深め、切磋琢磨(せっさたくま)しながら活発な活動がなされることを祈念します」とあいさつ。

続いて豊里公民館の村上一昭館長による実践発表や、関西大学人間健康学部教授で日本笑い学会会長の森下伸也さんによる講演などもあった。



2011.12.05pickup

今年もイルミネーション

「節電」に配慮しながら

綾部駅南広場や西町アイタウンで

イルミネーション

JR綾部駅南広場にあるイルミネーション(写真上、駅前通で)。西町アイタウンを彩るイルミネーション(写真下、西町1丁目で)

本格的な冬の到来に合わせ、今年も綾部市内の市街地では、夜になるとあちこちで様々なイルミネーションが美しく輝くようになった。12月1日から冬の「節電対策」がスタートしたが、消費電力が少ないLED(発光ダイオード)を使うなど工夫も凝らしている。

JR綾部駅南広場では1日から、綾部駅前商店街振興組合(滋野竹彦理事長)が設置したイルミネーションの点灯が始まった。年末年始にJRを使って帰省する人らを温かく迎えようと、同広場では昨冬から飾られるようになった。

「綾部の雪景色」をイメージしたイルミネーションの電球は青や白が主に使用されている。1日は午後5時半から現地で点灯式が行われた。点灯時間は午後5時から同10時まで。イルミネーションは来年1月9日まで飾られる。

西町アイタウンでは、クリスマスツリーやそりに乗ったサンタクロースがかたどられたものなどが通りをまたいで飾られているほか、街路樹にも青色のLEDなどが施されている。

節電なども意識して、数年前から徐々に電球をLEDに替えており、約1万個ある電球のうち今年変更した分も含めると8割ほどがLEDだという。点灯は午後4時から同10時まで。来年2月中旬まで行われる。



2011.12.02pickup01

〝B級グルメフェス〟概ね成功

課題あるが、発展の可能性

実行委 次回開催に手応え

B級グルメフェス

ゲスト参加の「厚木シロコロ・ホルモン」の店にはイベント開始から行列が絶えなかった(若竹町で)

11月13日に市役所東駐車場で開かれた「あやべB級グルメフェスタ」(同グルメフェスティバル実行委員会主催)は、市内外から約1万2千人(主催者発表)の来場者でにぎわった。課題はあったものの、関係者らは概(おおむ)ね成功ととらえており、「今後、大きく発展する可能性のあるイベントだ」と次回開催に手応えを感じている。

出店店舗は市内の飲食店など19店あり、上林鶏やミズナといった地元食材を使ったオリジナル料理が集まった。更に、全国的に有名な「厚木シロコロ・ホルモン」(神奈川県厚木市)などのゲスト参加も会場を盛り上げた。

来場者は市内からの64%が最多で、次いで福知山市が17%、舞鶴市が10%となっており、市外にもチラシ4万枚を配布して集客に努めた。「市外の人にも多くお金を落としてもらえたことはありがたい」(同実行委事務局)と話す。年代別では幅広い層が訪れた。

当日は天候も良いなどの好材料もあって予想以上の来場だったことから、昼までに4店舗の料理が完売。イベント終了1時間前の午後2時頃には、どこもほぼ売り切れの状態になった。この点は来場者からも指摘を受けており、今後の反省材料となる。
※記事を抜粋。全文は本紙で。



2011.12.02pickup02

「美術クラブ」会員展始まる

アスパBホールで4日まで

「美術クラブ」会員展

アスパBホールで開かれている美術クラブの会員展(2日午前10時過ぎ、綾中町で)

綾中町のアスパBホールで2日から、今年で10回目となる「美術クラブ」(野崎義典代表)の会員展が開かれている。4日まで。

会場には12人の会員が思い思いのテーマで描いた人物画や風景画など43点が展示されている。作品の中には「水源の里」の五泉町市志地域の風景や秋の四尾山の情景を描いたものもある。

会員展の開催時間は午前10時から午後6時(4日は午後4時)まで。入場無料。



« 前のページ