2011.08.19pickup01

「町屋」活用し面白い町に

商業者グループ「あやべ町屋倶楽部」が始動

市街地の7店舗が加盟

市街地では近年、本町通を中心に古民家を再生させた店舗が次々とオープンする中、「『町屋』を活用し、綾部の町を面白くしよう」と今年3月、商業者グループ「あやべ町屋倶楽部」が発足した。現在、加盟しているのは飲食と菓子製造関係の7店。同グループでは今秋から毎月1回、輪番で各店を会場にしたイベントの開催を計画している。

綾部市内では平成17年の「あやべTMO構想」や、20年度から2年間の「商業活性化にぎわいづくり推進事業」などによって、中心市街地に古民家を改修した店舗が増えてきた。

本町2丁目で築120年の木造家屋を改修し、17年に「薬膳喫茶・悠々」を開店した赤尾明俊さんが発起人となり、「あやべ町屋倶楽部」が結成された。

同店を除く会員は、いっぷく半月庵(本町2丁目)▽町屋カフェ&ギャラリーまるみ(本町3丁目)▽燦々堂(本町4丁目)▽つるや菓舗(同)▽柿蔵(月見町)▽和ダイニングゆらり(広小路1丁目)。
(以降、詳細は紙面で)



2011.08.19pickup02

火文字で被災地復興を祈願

「向田観音祭」協賛行事で奉灯

向田観音祭

田んぼの法面に浮かんだ「がんばろう日本」の火文字(向田町で)

向田町の延長約1・4㌔にわたる田んぼの法面(のりめん)に17日夜、恒例の火文字が見事に浮かび上がった。

「向田観音祭」の協賛行事である火文字奉灯で、住民たちで組織する実行委員会が毎年行っている。17回目となる今年は「がんばろう日本 奉灯 向田かんのん」の文字を表現し、東日本大震災で甚大な被害のあった被災地の早期復興を願った。

午後7時半に打ち上げ花火で火文字の点火を告げると、灯油が入った空き缶約1千個に25人の住民らが火をつけていった。長福寺の観音堂では、祭礼踊りや本尊ご開帳、護摩供養が行われた。



2011.08.17pickup01

震災犠牲者にも黙とう

寺山で「市民平和祈願の集い」

市民平和祈願の集い

平和の鐘に合わせて黙とうする参加者たち(上野町で)

終戦記念日の15日、上野町の藤山(通称・寺山)山頂で第31回「市民平和祈願の集い」(地球市民の集い実行委員会主催)が開かれた。参加した約150人の市民らは、すがすがしい朝の光が差し込む山頂で、戦没者の冥福と世界平和を祈念した。

午前7時から始まった集いでは、初めに日本ボーイスカウト綾部第2団と日本ガールスカウト京都府第38団の団員が国旗と市旗、世界連邦旗を掲揚。参加者は国歌斉唱に続き、市歌を合唱した。

続いて昨年の「世界連邦推進綾部市小中学生ポスター・作文コンクール」のポスターの部で市長賞を受賞した梅原菜々子さん(綾部中3年)が市民憲章の前文を読み上げ、全員で憲章を唱和した。実行委員長の山崎善也市長があいさつしたあと、日頃の活動に感謝を込めてボーイスカウトとガールスカウトに薄謝が贈られた。

このあと、木下芳信・市議会議長が打つ平和の鐘に合わせ、今年は東日本大震災の犠牲者に対しても黙とうをささげた。最後は綾部混声合唱団のリードにより、「ふるさとはあやべ」「翼をください」を合唱した。



2011.08.17pickup02

420人がヤシトコセー

「あやべ盆おどり大会」盛り上がる

あやべ盆おどり大会

綾部音頭に合わせて子どもたちも「綾部踊り」を踊った(西町2丁目で)

今年で37回目となる「あやべ盆おどり大会」(同大会実行委員会主催、市後援)が16日夜、西町アイタウン1、2番街を車両通行止めにして盛大に開催され、参加した18組の踊り連の420人余りが伝統ある綾部踊りを踊った。

開会のあいさつで実行委員長の西村之宏・市観光協会会長は、盆おどり大会を通じて東日本大震災の被災者に元気を届けたいという思いと、「綾部の文化を継承していきたい」と述べた。山崎善也市長の祝辞のあと、盆踊りが始まった。

時折、雨に見舞われる中、浴衣や法被を着た参加者たちはアイタウンのアーケードの下なども使って長い列になり、綾部音頭の「ヤシトコ ヤシトコ ヤシトコセー」の掛け声とともに盆踊りに興じていた。



休刊日のお知らせ

8月15日付は臨時休刊いたします。ご了承ください。

あやべ市民新聞社



2011.08.12pickup01

連載 変わりゆく葬儀(1)

少なくなった「自宅葬」

「多死社会」控え、9月から連載

変わりゆく葬儀

一日最多で6件の火葬が可能で、通夜式と葬式ができる葬祭場を備えた市斎場(田野町で)

葬儀のやり方や葬儀についての考え方が綾部でも近年、目に見えて変わってきた。特に変わったのは葬儀場。つい20年ほど前まで主流だった自宅での葬儀は、いつの間にかあまり見かけなくなった。「直葬」「家族葬」といった葬儀は都会に比べるとまだまだ少ないが、葬儀と初七日を一度で済ませるなどは綾部でも今や当たり前。そのほか、菩提寺(ぼだいじ)と檀家の関係や墓の問題など、葬儀関連分野の様変わりが目につく。9月開始の連載で綾部の実情を探りたい。      (高崎)

「多死社会」という言葉をご存知だろうか。「少子高齢化社会」という言葉がすっかり浸透してきたが、団塊の世代が既に還暦を過ぎた今、考えるべきは超長寿化の先の問題。彼らが平均寿命に達する平成42年(2030)頃には年間、今の約1・5倍の170万人が死亡するとも予想されている。

死ぬ人が増えると葬儀ビジネスの市場は広がるかというと、そうは言い切れない。今でも80代以上の死亡者は多いが、その子どもも退職していることが多く、仕事関係などの「義理会葬者」は減る。葬儀の小規模化だ。

また遺族や親族が遠く離れて住んでいるというケースが多くなった現在では、葬儀と初七日を同じ日に営む風潮が強まるなど、葬儀や法事の簡素化、合理化は今後も進みそう。

さらに、都会で年を追うごとに増えてきたのは「直葬」と呼ばれる葬送形式。これは、病院などで亡くなり死亡診断書が出てから24時間たったあと、自宅や葬儀場で通夜や葬儀を行わず火葬場で直接、荼毘(だび)に付すやり方だ。

それに加え我が国では、20年ほど前から葬儀や墓、寺と檀家の関係などが大きく変わり始めてきた。都会では、葬儀や埋葬の変化の流れを受けて血縁を超えて入る「合葬墓」が登場。葬儀や戒名を拒み、永代供養の納骨堂に入ることを生前に選択する人も出てきた。

デフレ不況下にあって、高額の葬儀や菩提寺を支える檀家の負担が家計を圧迫しているという声を綾部でもよく耳にする。昨年秋には大手小売店のイオンが「安心の明瞭会計」を掲げて葬儀事業に参入。全国の寺院の大半が加入する全日本仏教会と激しく対立したことは記憶に新しい。

小規模葬の家族葬が増える中、綾部では近年、JA京都にのくに中部葬祭センターやセレマに加え、綾部葬祭社、三友社、沙羅双樹葬儀社、綾部アンジュセレモニーホール、明日香セレモニーいかるがホールといった葬儀社が次々と開業した。

まさに「生き残り戦争」の様相を呈してきたようにも映る綾部の葬祭業界の現状を9月からレポートしたい。

【投稿募集】連載「変わりゆく葬儀」は9月からスタートし、週1回のペースで連載する予定です。葬儀や墓、寺と檀家の関係などに関する読者の皆さんの率直なご意見をお寄せ下さい。
(原稿は600字程度まで。紙上匿名は内容によって認めますが、氏名と連絡先は必ず明記してください)



2011.0812pickup02

花火、松明、火文字…

14~17日に市内で恒例行事

14日から17日にかけて、市内では恒例となった各種行事が今年も予定されている。各行事の概要は次の通り。

◎志賀郷納涼花火大会
14日夜、志賀郷町のJA京都にのくに何北支店前一帯で。午後5時過ぎから飲食物の模擬店などが開店する。花火の打ち上げは同8時ごろから。

◎市民平和祈願の集い
15日午前7時から神宮寺町の藤山(通称=寺山、標高201・2㍍)の山頂で。国旗・市旗・世界連邦旗の掲揚や国歌斉唱、市民憲章唱和、主催者あいさつなどのあと、「平和の鐘」を鳴らし、参加者全員で戦没者らに黙とうをささげる。また、「翼をください」などの合唱も。

◎あやべ盆おどり大会
16日午後7時20分から同8時45分まで、西町アイタウン1・2番街で。各種団体による「連」が終始、綾部踊りを踊る。同大会実行委員会は、当日の飛び入りも歓迎している。

◎精霊送り
16日、並松町の由良川河畔。午後1時から塔婆や灯籠(とうろう)、松明(たいまつ)を受け付ける。川施餓鬼(かわせがき)法要は同7時から。松明行列の一行は綾部大橋を渡り、味方町の対岸の河原で「焚(た)き上げ」をする。

◎向田観音祭
17日、向田町の長福寺で。午後9時から祭礼踊りに続き、同9時半に本尊の御開帳のあと、護摩供養が行われる。午後7時半からは協賛行事の「火文字」の奉灯も。灯油を入れた空き缶約1千個を並べ、暗闇に炎の文字を描く。



2011.08.10pickup01

市街地の道路で美化作業

綾部建設業協会が「道路ふれあい月間」で

道路ふれあい月間

美化活動に取り組む会員たち(10日午前9時25分頃、川糸町で)

8月の「道路ふれあい月間」にちなみ、綾部建設業協会(浅巻武之会長)は10日、市内で道路の美化活動に汗を流した。

「道路ふれあい月間」は道路を常に美しく、安全に利用する機運を高めようと国土交通省が定めている。美化活動は、同協会が地域社会に貢献することを目的に、平成5年から組織を挙げて毎年取り組んでいる。

この日は、午前9時から川糸町の市交通公園で行われた開会式では、同協会の浅巻会長と来賓のあいさつなどのあと、作業がスタート。参加した約50人は府道綾部インター線と府道福知山綾部線、国道173号の3コースに分かれて、道路沿いに落ちているごみの回収や雑草の清掃などに取り組んだ。



2011.08.10pickup02

小学生4人が日東精工で勉強

従業員の子対象に「サマースクール」

サマースクール

工場で見聞きしたことをワークシートにまとめる子どもたち(下八田町で)

お父さん、お母さんが働いている会社はどんな所? 日東精工(本社・井倉町、塩田展康社長)の従業員の子どもたちが7日、下八田町にある同社八田工場を見学し、ねじが出来る工程などを勉強した。

同社は夏休み期間中、従業員の子どもを対象にした「サマースクール」を昨年初めて実施。今年も引き続いて行うことになった。同社は現在、節電関係で土・日曜に操業しており、今回のスクールの開催日を日曜にした。

参加したのは小学4年生3人と6年生1人の男女計4人。子どもたちは午前中、福知山市夜久野町で「漆かき」の見学などし、午後からねじを製造している八田工場を訪れ、工場内を見て回った。

見学後、工場内の会議室で子どもたちはワークシートを用い、この日に見聞きしたことをまとめた。参加した児童の一人は「ねじのことがよく分かった」と話していた。



2011.08.08pickup01

会員数1200人突破

発足から12年 「あやべ特別市民」

「あやべ特別市民」の会員数が1200人を突破した。年会費1万円で、市外に住む綾部出身者らに「ふるさと産品」を年3回送る同制度を、市は平成11年7月から開始。会員数が過去最多となった。市は今年度1回目の「ふるさと産品」として、9月末に綾部産の新米を発送する予定。引き続き、入会を呼びかけている。

昨年度の会員数は1079人。市は今年度、市内外で開催されたイベントなどで特別市民制度の案内チラシを配布するなどしてきた。また、同級会を催す人らにも協力を依頼してきた。こういった〝営業活動〟の結果、会員数が7月7日に市が今年度の目標にしていた「1200人」を超えた。

その後も増え続け、8月3日現在の会員数は1232人。会員は福島と山梨、佐賀の3県を除く44都道府県にまたがっている。地域別で最も多いのは京都府の389人で、次いで東京都の212人。京阪神や首都圏といった都市部に住む人が会員の大半を占めている。

また、現在の会員を年代別でみると、60代が306人、70代が247人、50代が217人の順で多くなっている。80代が72人、90代が11人もいる。

入会は綾部出身者に限らず、誰でも会員になれる。中には綾部在住者が会費を支払い、市外に住む親族や知人らへの贈答品として「ふるさと産品」を活用しているケースもある。

「あやべ特別市民」制度について問い合わせは市秘書広報課秘書担当(電話42・3280代表)へ。



« 前のページ次のページ »