0331matutake

物部地区の住民有志による「松茸山再生委員会」(愛称・物部まったけ倶楽部、内田幸裕代表、11人)が一昨年から、「物部産マツタケの復活」を夢見て活動を続けている。26日にはいよいよ、「マツタケ山にぴったりの場所」として選んだ物部町上市地区の山林(約500平方㍍)に、4種類のアカマツの苗木約500本を植え付けた。 

カテゴリー

コメント

コメントを受け付けておりません。